2タイプから選ぶゆで卵器おすすめ10選!半熟卵も完熟卵も超簡単

ゆで卵はサンドイッチの具材やサラダのトッピングなど活用方法もたくさん。お手軽に作ることができたらうれしいですよね。ここではおすすめのゆで卵器をご紹介します。火を使わずにゆで卵が作れる便利なグッズをチェックしましょう♪

ゆで卵器の使い方

基本的な使い方

ゆで卵器には電子レンジで加熱するタイプと、本体で加熱するタイプの2種類があります。

電子レンジタイプは容器に水を入れて受け皿に卵をのせ、蓋をして電子レンジで加熱して作ります。ゆで卵器自体で加熱するタイプも機種によって異なりますが、大体は電子レンジタイプと同じように水を入れて加熱する作り方です。

卵の固さ加減は、加熱時間を変えるものや水の量を変えて調整するなど、機種によって異なります。

気になるゆで時間は?

ゆで卵器を使った時のゆで時間もタイプや機種によって異なります。

レンジを使うタイプは平均的に10分程度で作れるものが多いようです。鍋で茹でる普通の作り方の場合は半熟卵で7から8分、固ゆでで9から10分かかるのでお湯を沸かす時間も考慮すると、レンジタイプも鍋で作る場合とあまり加熱時間は変わらないですね。

電気ゆで卵器は機種によって5分でできるものもあれば、30分かかるものもあります。鍋で作る方が早い場合もありますが、お湯を沸かしたり、火加減を気にしなければならないことを考えると、ゆで卵器は手間をかけずにお手軽にゆで卵を作ることができるので便利です。

おすすめのゆで卵10選

1. 栗原はるみ「電子レンジでゆでたまご」

料理家、栗原はるみさんプロデュースのゆで卵器です。最大4個のゆで卵を一度に作ることができます。殻は薄皮から剥がせるのでとってもらくらく♪ 半熟や固ゆでたまごなど、お好みのゆで卵を作ることもできますよ。

2. Zafina「レンジ卵蒸し器コッコ」

にわとりのケースがかわいいゆで卵器です。こちらも電子レンジにかけて作れるので、簡単にゆで卵を作ることができます。おかあさん鶏がたまごをあたためているようなイメージでユーモア満載な商品ですね。

3. ezegg「レンジでゆでたまご」

カラフルな見た目がおしゃれなゆで卵器。こちらは最大3個まで作ることができます。余熱を利用して仕上げるので、加熱時間が短縮できるエコ使用♪ さらに安心の日本製です。カラーはホワイト、グリーン、ピンク、オレンジの4色から選べます。

4. 曙産業「レンジでらくチン ゆでたまご」

こちらは1から2個用のゆで卵器。500から600Wのレンジで10から11分加熱してゆで卵を作ることができます。電子レンジの加熱時間を調整して、半熟たまごに仕上げることも◎ふたり暮らしのおうちにぴったりです。

5. ハットトリック「QUICK エッグボイラー」

1個用のゆで卵器です。こちらも電子レンジで作るタイプ。デザインはエッグ型とチキン型の2種類があります。下には足がついていて、見た目もかわいいのでそのままエッグスタンドとしてテーブルに置くのもいいですね♪

6. 象印「エッグDoDoDo」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

megyu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう