メリット

ウレタン塗装は光沢のあるツヤツヤした見た目が特徴的で、表面は同様にツルツルしています。オイルに比べて人工的で無機質な雰囲気になりがちですが、ムラが目立たずきれいに仕上がります。 水や油をはじき、シミになりにくいという大きなメリットがあります♪ 汚れに強いので、あまり神経質にならずにガンガン日常使いできるところがいいですね!

デメリット

一方、テーブルに傷やへこみができた時に修復が難しい、というのがウレタン塗装のデメリットです。10年以上使っていると、表面のウレタンがはがれやすくなることも。 そうなると、業者さんに頼んでウレタンをはがし、新たに塗りなおしてもらう必要があります!普段は汚れに強い分、メンテナンスとなると時間も費用もかかってしまいます。

お手入れ方法

水に強く、ちょっとしたことでは傷もつかないので、普段のお手入れはそこまで気をつけなくてもOKです。特別なメンテナンスも必要ありません。しかし、塗装がはげたり深い傷ができるなどしていったん修復が必要になると、自宅で塗装し直すことができないので、工房に預けなくてはなりません。

オイル仕上げのおすすめ無垢テーブル5選

1. シンプルさが魅力の「エリス センターテーブル」

ITEM

エリス(ERIS) アルダー無垢材 105 センターテーブル

¥16,200

サイズ:105×54×37cm、素材:アルダー材

※2018年4月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
アルダーの無垢材を使った、お部屋の主役にぴったりのセンターテーブルです。ホルムアルデヒドの放散がきわめて少ない、F☆☆☆☆以上の安全な植物性オイルで仕上げています。シンプルで飽きの来ないデザインが魅力!角が丸めてあるので、小さなお子様のいるおうちでも安心です。

2. 国産が嬉しい「ペレグリンファニチャー ウィングテーブル」

ITEM

ペレグリン ファニチャー( Peregrine Furniture) ウィング テーブル 日本製

¥24,840

サイズ:75×48×28cm、素材:サワクルミ

※2018年4月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
アウトドアなどに重宝する、折りたたみ式のミニテーブルです。クルミと圧縮杉の2種類の木でできたやわらかな風合いがおしゃれ♪ 北海道の旭川で作られた、日本製になります!植物性のナチュラルオイルで仕上げられています。

3. アメリカンヴィンテージスタイル「一生紀 ちゃぶ台」

ITEM

一生紀(ISSEIKI) ちゃぶ台

¥29,800

サイズ:100×100×35cm、素材:アカシア・アイアン

※2018年4月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
深みのあるダークブラウンとアイアンの、ほどよいヴィンテージ感がかっこいい丸テーブル。ブルックリンスタイルのお部屋にぴったりです!木材は乾燥や衝撃に強いアカシアを使用し、濃淡のある美しい木目が特徴♪ 木の表情をやわらかく浮かび上がらせるため、自然なオイルでしっとりと仕上げられています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS