ドライフルーツメーカーおすすめ6選!選び方も参考にしよう

毎日健康のために果物を摂りたいけれど、面倒と続けにくいですよね。そんな方に果物だけでなくお肉や魚、野菜を乾燥させるドライフルーツメーカーがおすすめ。とっても便利な機能が付いたものもありますので比較して食生活に取り入れてみましょう。

2018年10月4日 更新

家庭で簡単にドライフルーツを作ろう

ドライフルーツメーカーの魅力

生のフルーツの状態で食べるよりもかさが減るのに栄養はそのまま摂取することができるドライフルーツ!毎日生のフルーツを食べようと思うと皮をむいたりカットしたりとなにかと手間なことがありますよね。

しかしドライフルーツメーカーを使うと、自分好みの食感や味覚にすることができるので健康のためにも毎日摂取することを続けられます。ドライフルーツにすることで食感がよくなったり甘みが増したりしてちょっと小腹がすいた時にも気軽に食べることができます。

またドライフルーツメーカーはフルーツだけでなく、干し芋やビーフジャーキー、さらにはアイシングクッキーまで作れる優れものなのです。

どうやって作るの?

まずは、5~12mmの厚さにフルーツをカットします。この時、皮やヘタは取り除き、芋のような硬い食材はあらかじめ茹でておきましょう。そしてカットしたフルーツが重ならないようにトレイに並べて蓋をします。

本体の電源をオンにし、タイマーの設定などができるものは最初にしておきましょう。あとはお好みの乾燥具合になるまで待つのみです!フルーツによってかかる時間はさまざまですが、以下の目安時間を参考にしてみてくださいね♪

・オレンジ……約8~18時間
・レモン……約10~25時間
・リンゴ……約8~16時間
・バナナ……約6~12時間
・イチゴ……約8~12時間
・パイナップル……約6~14時間

ドライフルーツメーカーの選び方

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう