ドライフルーツメーカーおすすめ6選!選び方も参考にしよう

毎日健康のために果物を摂りたいけれど、面倒と続けにくいですよね。そんな方に果物だけでなくお肉や魚、野菜を乾燥させるドライフルーツメーカーがおすすめ。とっても便利な機能が付いたものもありますので比較して食生活に取り入れてみましょう。

家庭で簡単にドライフルーツを作ろう

ドライフルーツメーカーの魅力

生のフルーツの状態で食べるよりもかさが減るのに栄養はそのまま摂取することができるドライフルーツ!毎日生のフルーツを食べようと思うと皮をむいたりカットしたりとなにかと手間なことがありますよね。

しかしドライフルーツメーカーを使うと、自分好みの食感や味覚にすることができるので健康のためにも毎日摂取することを続けられます。ドライフルーツにすることで食感がよくなったり甘みが増したりしてちょっと小腹がすいた時にも気軽に食べることができます。

またドライフルーツメーカーはフルーツだけでなく、干し芋やビーフジャーキー、さらにはアイシングクッキーまで作れる優れものなのです。

どうやって作るの?

まずは、5~12mmの厚さにフルーツをカットします。この時、皮やヘタは取り除き、芋のような硬い食材はあらかじめ茹でておきましょう。そしてカットしたフルーツが重ならないようにトレイに並べて蓋をします。

本体の電源をオンにし、タイマーの設定などができるものは最初にしておきましょう。あとはお好みの乾燥具合になるまで待つのみです!フルーツによってかかる時間はさまざまですが、以下の目安時間を参考にしてみてくださいね♪

・オレンジ……約8~18時間
・レモン……約10~25時間
・リンゴ……約8~16時間
・バナナ……約6~12時間
・イチゴ……約8~12時間
・パイナップル……約6~14時間

ドライフルーツメーカーの選び方

タイマー機能

上に記載したように、ドライフルーツはある程度時間がかかります。完成する時間に家にいて電源を切ることができるならいいのですが、たいてい忘れがちになるものです。そんなときにタイマー機能がついていたら、乾燥しすぎて食材を無駄にすることもないのでいいですね。

温度調節機能

ドライフルーツメーカーの温度調整は35℃から70℃まで調節できるものと一定の温度のものがあります。フルーツを乾燥させるだけなら終始60℃くらいで作ることができますが、食材によっては温度を変える必要があります。

温度が低すぎると十分乾燥できなかったり、高すぎると乾燥しすぎてしまうこともあります。このように温度差で仕上がりが違ってくるようです。またフルーツだけ乾燥させるつもりで購入してもいろんな食材を試したくなった時に温度調整機能はあるに越したことはありません!

静音

ドライフルーツメーカーの動作音は本当に静かなものからドライヤーのような音がするものまでさまざまです。また炊飯器や電子レンジのようなサイズ感のものが多いので置く場所も考えなくてはいけません。

場所が確保できても音が気になる場所ではいけませんので、購入時に必ず動作音の程度を確認するようにしましょう。

シンプル設計で使いやすい!口コミで人気のドライフルーツメーカー3選

1. APIX ドライフードメーカー AFD-550

ITEM

APIX ドライフードメーカー (12品目のレシピ付き) AFD-550-WH ホワイト

サイズ:約W28×D28×H22~25cm

¥5200〜 ※2018年4月14日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
四角く透明でオシャレなドライフルーツメーカーです。中が見えるので、食材が乾燥していく様子を眺める楽しみもありますよ。トレイはウェーブ状になっているので食材がこびりつくのを防ぎます。2時間ごとのタイマーがセットでき、レシピ付きなので初心者にぴったりの商品です。

2. PRINCESS フードドライヤー

ITEM

プリンセス PRINCESS フードドライヤー

サイズ:W33×D33×H20cm

¥12830〜 ※2018年4月14日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
オランダの家電メーカー「プリンセス」のドライフルーツメーカーです。中は6段トレイになっているため、一度にたくさんの食材を乾燥させることができます。また40℃から10℃ごとに70℃まで温度調整ができ、タイマーも付いているわりに比較的リーズナブルですね。スタイリッシュなデザインなので圧迫感がありません。

3. 食品乾燥機ドライフード工房 FDS-77

特集

SPECIAL CONTENTS