ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

焼酎のお湯割りを極める!

寒い時期やほっとしたいときにぴったりな「焼酎のお湯割り」。気軽に作れるのも大きな魅力ですが、いくつかのコツを押さえることで、ぐっとおいしいお湯割りが楽しめるようになります。 お湯割りに適した「焼酎の種類」にはじまり、「適したグラス」「お湯の温度」「注ぐ順番「比率」などをチェックして、最高においしいお湯割りを作れるようになりましょう!自分好みにアレンジする際のヒントも紹介しますので、ぜひ活用してみてくださいね。

お湯割りにおすすめの焼酎

お湯割りに適した焼酎の種類は、ずばり「芋焼酎」!お湯割りにすることで、サツマイモ由来の「香り」「甘み」「香ばしさ」が引き立ち、奥深い味わいを楽しめるようになるんです。 芋焼酎のように香りが強いものが苦手な場合は、すっきりと飲める麦焼酎や米焼酎がおすすめ!自分の好みに合わせて焼酎の種類、銘柄を選んでみましょう。

<ステップ1>グラスの選び方

グラスの種類

陶器製

陶器には「ゆっくり温まり、冷めにくい」という性質があるため、高い保温力が期待できます。長い時間温かい状態をキープでき、最後までほんのりとした温かさを楽しめるでしょう。 また、その美しい見た目・手触りが気分を高めてくれること間違いなし!じっくりと豊かさを味わいたいときにおすすめです。

ガラス製

焼酎のお湯割りを上品に楽しむのなら耐熱性のガラスグラスがおすすめ。なかでも二重構造になっているものは保温性が高く、見た目も美しいというメリットがあります。 透明なグラスから湯気がほんわかと立ちのぼる光景は、リラックスタイムを特別なものにしてくれそうです。

ステンレス製

ステンレスといえばその抜群の保温力が最大の魅力!「お湯割りをずっと温かい状態を楽しみたい」という場合におすすめです。 最近は表面に凹凸加工を加えたり、美しいプリントを施したデザイン性が高いステンレスグラスもありますので、そちらを使えば風情も豊かにお湯割りを楽しめるでしょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS