【種類別】キャンプナイフおすすめ9選!アウトドアの頼れる一本を♪

枝を切ったり、調理に使ったり、薪まで割れるなど、いろいろと活躍してくれるキャンプナイフ。キャンパーの方はすでに持っている方も多いでしょうか。キャンプナイフの種類とおすすめ9選をご紹介します。覚えておきたい銃刀法の知識もしっかりチェック!

2018年4月27日 更新

キャンプナイフの種類の特徴

シースナイフ

折りたたみ機能がなく、刃と持ち手部分がひと繋ぎでできているナイフで、保管時は刃を鞘に納めておくタイプのものを指します。比較的大きさがあるものが多く、強度があるので、刃渡りが必要な場合や硬いものを切る必要がある状況で活躍するナイフです。本格的なキャンプナイフの使い方をする人におすすめのナイフと言えます。

フォールディングナイフ

折りたたむことが可能で、刃をハンドル部分に収納できるタイプのナイフ。安全かつコンパクトに携帯することができ。デザイン性が高いものが多いのも特徴です。折りたたむことができる分、シースナイフに比べると強度は劣りますが、キャンプ場などの施設で使用する分には十分に活躍してくれるでしょう。

ブッシュクラフトナイフ

“ブッシュクラフト”とは北欧が発祥で、自然の中で生活をする知恵や技術を指す言葉です。そんな考え方からつくられたこのナイフは、物を作り出すのに大変重宝します。野生動物を捕獲するワナを作ったり、調理したり、木を切ったりとさまざまな場面で活躍してくれます。キャンプに限らず家庭でも使うことができるオールマイティーなナイフです
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう