ソト(SOTO)のおすすめダッチオーブン5選!自宅やアウトドアでも

お家でもアウトドアでも活躍してくれるソト(SOTO)のダッチオーブン。従来のダッチオーブンとは違い、素材にステンレスを採用しているので軽くて丈夫、扱いやすいと評判のアイテムなんです!今回は、そんなソトのダッチオーブンについてご紹介します。

2018年4月30日 更新

ソト(SOTO)のステンレスダッチオーブンとは?

ガスバーナーで有名なキャンプメーカー「ソト(SOTO」のステンレス製ダッチオーブン。無加水調理が可能な鉄鍋のことをダッチオーブンと言いますが、従来のダッチーブンは大体が鋳鉄製。メンテナンスやシーズニングが重要で、少し手入れを怠ると錆びたり焦げ付きやすくなるという問題がありました。

それに比べてソトのステンレス製ダッチオーブンは、ステンレスという焦げ付きにくくお手入れしやすい素材なので、お家、アウトドアで使える丈夫なアイテムなんです。

SOTOダッチオーブンの魅力

手入れしやすいステンレス製

ステンレス製ダッチオーブンの魅力のひとつは、お手入れがしやすいという点です。洗剤を使って洗うことができ、他の調理器具と変わらないメンテナンスで大丈夫!こびりついたこげつきや汚れは金タワシが必要ですが、その他は力を使うことはありません。

ダッチオーブンの使い始めのシーズニングという作業が不要です。シーズニングとは、使い始めに温めたり洗ったりという作業のことを言います。購入してすぐに使えて、水洗いで手入れを終わらせることができるのは扱いやすくていいですね。

優れた耐久性

鋳鉄製のダッチオーブンは急激な温度変化に弱いアイテムでした。熱しすぎたダッチオーブンに水を注いだら割れてしまった、という人もいるかもしれません。

高所から地面に落としてしまったり、運んでいる途中にぶつけて割ってしまうことも考えられます。その点ステンレス製のダッチオーブンは熱に強く、安心して使うことができます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう