【種類別】キャンプナイフおすすめ9選!アウトドアの頼れる一本を♪

枝を切ったり、調理に使ったり、薪まで割れるなど、いろいろと活躍してくれるキャンプナイフ。キャンパーの方はすでに持っている方も多いでしょうか。キャンプナイフの種類とおすすめ9選をご紹介します。覚えておきたい銃刀法の知識もしっかりチェック!

2018年4月27日 更新

3. ビックサイズ!「モッシーオーク シースナイフ」

ハンター用アウトドアアパレルのメーカーとして人気のモッシーオーク(MOSSY OAK)のシースナイフです。“とにかく大きい”と評判のナイフで、本格的なキャンパーにおすすめです。お魚の骨ごとスパンッと切れるほどの切れ味なんだとか

おすすめフォールディングナイフ3選

4. 老舗ブランド「オピネル #9」

オピネルは120年以上の歴史を持つアウトドア用ナイフの老舗ブランド。ハイカーボンスチール製とスチール製があり、刃渡りのサイズ展開も豊富、用途によって選び分けます。ご紹介のこちらは初心者にも使いやすいサビに強いステンレス製です。

5. 水辺にも強く「オピネル アウトドア #8」

こちらもオピネルのアイテムですが、定番のものとは違いハンドルが水に強いポリアミド硝子ファイバー製へと変更されています。ハンドルが濡れてしまうと膨張して、刃が出しにくくなってしまうオピネルのナイフですが、これなら川でキャンプを行う際にも安心です。

6. 扱いやすさ抜群「スパイダルコ エンデューラ・パシフィック」

片手で刃を出して片手でしまうことのできるフォールディングナイフです。まるく空いている部分に指をひっかけて操作します。耐食性の高い素材が使われているので、海辺でのアウトドアにも役立つアイテムですよ。

おすすめブッシュクラフトナイフ3選

7. 女性にもおすすめ「コールドスチール ペンドルトン ハンター ナイフ」

全体的に小ぶりで、ハンドルも薄いので女性の小さな手にもなじみやすいナイフです。切れ味がやや劣りがちなステンレス製の刃ですが、こちらは大丈夫!5cmほどの枝なら、ナイフを当てて、峯を別の木で叩けば割ることができますよ

8. 重量感のある造り「ヘレ・ナイフ」

刃長10cmほどと小柄なナイフですが、ずっしりとした重さがあり、重みを使って切ることもできる頼れるナイフです。ほぼハンドメイドのナイフは、大自然が豊かなノルウェー以外では決して造られないのだとか
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう