7. 最先端機能搭載「リンナイ ビルトインガスコンロ デリシア」

ITEM

リンナイ ビルトインガスコンロ デリシア

サイズ:約幅596×奥行541×高さ269mm

¥153,358〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

同じく「リンナイ」よりご紹介するのがこちらの3口ガスコンロ。専用アプリと連携して、レシピの提案や調理サポートまでしてくれる最先端のひと品です。グリルの煙やニオイを抑えるスモークオフ機能のほか、モードを選ぶだけで自動火力調節をしてくれるコンロオートメニューも搭載されています。

8. 高火力で本格調理「ノーリツ ビルトインコンロ プラスドゥ」

ITEM

ノーリツ ビルトインコンロ プラスドゥ

サイズ:約幅738×奥行494×高さ268.5mm

¥109,400〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「ノーリツ」から出ているこちらの3口ガスコンロは、本格調理を楽しみたい方にぴったりの、超高火力が持ち味です。点火のツマミが上面に設置されており、シンプルながらも細部にまでこだわったデザインもポイント。専用のダッチオーブンが付いているのも魅力のひとつです。

おすすめ卓上ガスコンロ3選

9. エコバーナー搭載「イワタニ カセットフー エコプレミアム」

ITEM

イワタニ カセットフー エコプレミアム

サイズ:約幅334×奥行274×高さ89mm

¥3,680〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

カセットコンロを中心に、焼肉グリルやたこ焼き器など、さまざまな商品を展開する「イワタニ」。こちらの卓上ガスコンロはエコバーナー搭載型で、ムダ火の抑制と加熱効率に優れた省エネ度の高いひと品です。シンプルで飽きの来ないスタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。

10. 強火調理に最適「イワタニ カセットフー BO(ボー) EX」

ITEM

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX

サイズ:約幅337奥行×302×高さ93mm

¥5,140〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

高火力タイプでお求めの方には、こちらの卓上ガスコンロがおすすめです。ふつうのガスコンロに近い使用感が得られるので、強火で調理したいときや、風の強いアウトドアでの使用にも最適。専用のキャリングケース付きなので、持ち運びはもちろん、保管の際にも埃がかぶらず安心です。

11. コンパクトサイズ「ニチネン マイコンロ 小鍋っ子」

ITEM

ニチネン マイコンロ 小鍋っ子

サイズ:約幅225×奥行188×高さ110mm

¥2,660〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ひとり鍋にぴったりなこちらのミニガスコンロ。日本で一番小さい卓上ガスコンロとされていますが、超小型ボディとは裏腹にそのパワーは一丁前です。コンパクトサイズで収納にも困らず、狭いスペースでも楽に使用できます。五徳が2種類ついているので、使用目的に合わせて変えられるのもポイント。

ガスコンロ購入時の参考に

ガスコンロって、そうなかなか買ったり買い替えたりするものではありませんよね。いざ必要に迫られたときにどれを選べばよいのか迷ってしまったら、これらの情報を思い出していただけると、多少なりともお役立ていただけるかもしれませんよ。 お引越しやリフォームのタイミングなど、ガスコンロの購入時期がやって来た際には、今回ご紹介した商品を参考に、ご自分に合ったひと品を見つけてくださいね。
▼他のキッチン家電も一新してみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ