藤稔

藤稔(フジミノリ)は、「井川682」と「ピオーネ」の掛け合わせで誕生した品種で、神奈川県で育成されました。現在の主な産地は山梨県、次いで兵庫県です。 直接ではないですが、両親ともに巨峰の流れをくむだけあってかなりの大粒なのが特徴。その大きさは、ものによってはピンポン玉ほどにもなるといわれます。果肉はずっしりとしており、甘みが強いです。

ピオーネ

ピオーネは、「巨峰」と「カノンホール・マスカット」の交配で誕生した黒系ぶどうの品種です。市場では巨峰と並んでポピュラーといえるでしょう。静岡で誕生し、現在は岡山県、山梨県が主な産地として知られています。 巨峰から受け継いだ大粒の実と、マスカットから受け継いだ強い香りが特徴で、一般に人気のぶどうです。

紫玉

紫玉は、山梨県で巨峰系ぶどうの「高墨」の枝変わりとして見つかり、接ぎ木により誕生しました。巨峰系の流れをくみ、大粒で果汁の多いジューシーな果肉が特徴的。甘み・酸味ともにバランスよく、味わい深いぶどうです。

主な産地は山梨県、兵庫県で、巨峰より少し早い収穫時期で、8月上旬ごろが旬。巨峰の早生品種といったところです。

マスカット・ベリーA

マスカット・ベリーAは、「ベリー」と「マスカット・ハンブルグ」の交配により、新潟県で誕生した品種で、現在は主に山梨県で生産されています。

アメリカブドウのラブルスカ種であるベリーと、ヨーロッパブドウのヴィニフェラ種であるマスカット・ハンブルグを両親に持つマスカット・ベリーAは、そのまま食べるよりも赤ワイン生産用のワインとして多く作られています。甘みの強い果汁が特徴で、ワインにするとおいしい品種です。

ブラックオリンピア

ブラックオリンピアは、「巨峰」と「巨鯨」の交配により誕生した品種で、現在は主に石川県、山梨県で生産されています。ブラックオリンピアは巨峰と同じような質感と味わいがありますが、全国で見ても生産規模は小さく、市場にあまり出回らない珍しい品種。「はちみつぶどう」と呼ばれる幻の品種「オリンピア」は姉妹品種にあたります。

オリエンタルスター

オリエンタルスターは、「安芸津21号」と「ルビーオクヤマ」の交配により、広島県安芸津町で誕生した品種です。かなり糖度の高い品種で、ジューシーな果汁を楽しめます。2007年に品種登録されたまだ新しい品種のため、あまり知られておらず流通量も比較的少なめ。これから試行錯誤して改良され、食べやすいぶどうとして流通するのではないでしょうか。
Photos:25枚
ぶどう「巨峰」品種の実
ぶどう「ナガノパープル」品種の実
ぶどう「藤稔(フジミノリ)」品種の実
ぶどう「ピオーネ」品種の実
ぶどう「紫玉」品種の実
ぶどう「マスカット・ベリーA」品種の実
ぶどう「 ブラックオリンピア」品種の実と、イチジクとりんご
ぶどう「オリエンタルスター」の実
ぶどう「スチューベン」品種の実
ぶどう「キャンベルアーリー」が木になっている様子
ぶどう「デラウェア」品種の実
ぶどう「赤嶺」「ロザリオ」の実
ぶどう「安芸クイーン」品種の実
ぶどう「ゴルビー」品種の実
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS