タルトのかわいいラッピングアイデア15選!開ける前のワクワク感倍増♪

「手作りタルトを贈りたい」そんな時に悩むのがラッピング。タルトは持ち運びも難しく、ケーキ箱に入れるだけという人も多いのではないでしょうか。でもせっかくならラッピングにも、こだわりたいですよね。そんな時にはぜひこちらを参考にしてみませんか?

2018年4月26日 更新

10. 透明セロファンで包むラッピング

プチタルトの型をそのまま使ったアイデアです。プチタルトを焼いた型をそのまま一緒につけて、透明のセロファンで包みます。

クリームやフルーツを使ったプチタルトもこれなら大丈夫。もちろん型はつけなくても構いません。ひとつひとつラッピングしたものを、まとめて籠に入れてもかわいいですよ!

ホールタルトのラッピングアイデア5選

11. いちごタルトのラッピング

ホールのいちごタルトを贈る時はぴったりサイズの円形の箱を使いましょう。底面はタルトの直径より一回り大きいものを、高さも少し高めがベスト。いちごとクリームが箱につくのを防ぐためです。

ただ箱に入れるのでは味気ないので、ドライフラワーを添えたり、リボンを使ってアレンジすると良いですよ!いちごのイメージに合わせた色のラッピング用品選びましょう。

12. 色を使うラッピング

ホールタルトが崩れる心配がなく安心なのが、蓋付きの箱。白や茶などシンプルな色が多い蓋付きの箱を使う時は、中に敷く薄紙やリボンの色で遊びましょう。薄紙とリボンはタルトの色に合わせて選ぶと素敵な雰囲気に仕上がります。

薄紙は白い下地にドットなどのシンプルな柄付きのものがおすすめ!主役のタルトが引き立ち、すっきりとした印象になります。いつも使うのはシンプルな箱、という人。ぜひ色をアクセントにしたラッピングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

13. フルーツタルトのラッピング

トロトロのカスタードクリームとサクサクの土台、旬のフルーツをたっぷりのせたタルトはスイーツ好きには堪りません。旬のフルーツがたっぷりのったホールタルトは見た目にも色鮮やかで、とっても華やか!プレゼントにも最適です。

でもフルーツとクリームが崩れやすく、持ち運びが大変なのが悩みの種!そんな悩みを解決してくれるのがこのラッピング。使い捨て用の型を蓋代わりにすれば、崩れる心配もありません。蓋がずれないように4ヶ所留めるのも忘れずに!留め具を工夫したり、おしゃれなタグをつけるとより素敵になりそうです。
4 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

bake_my_day

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう