パン焼き機のおすすめ商品10選!本格的をお家で手軽に

パン焼き機といえば、お店に行かなくても家庭で本格的なパンが味わえる人気のキッチン家電です。食パン以外にもさまざまな種類のパンや加工品が作れてとっても便利♪そこで今回は、パン焼き機の選び方のポイントやおすすめの商品をご紹介します。

自宅で焼きたてパンが楽しめる!パン焼き機

お料理好きさんに人気のキッチン家電といえば、パン焼き機。多くの家電メーカーから「ホームベーカリー」という名称で販売されています。その名の通り、家庭でベーカリーのような本格的なパン作りができます。

ホームベーカリーの魅力は、なんといっても焼きたてのふわふわのパンが朝から食べられるところ。また原材料を自分で選べるので、食品添加物を最小限に抑えたい家庭におすすめです。

ホームベーカリーの選び方

容量

ホームベーカリーの容量は、家族の人数に合わせて選ぶのがベスト。ホームべーカリーの多くは、4人家族にちょうど良い1斤~1.5斤タイプの商品です。パンを食べる家族が少ない場合は、0.5斤だけ焼ける機能つきのホームベーカリーがおすすめ。家族の人数やパンの消費が多い家庭は、2斤まで焼けるタイプがいいですね。

価格

気になるホームベーカリーの価格はいくらくらいでしょう? 一般的な1斤タイプの価格は1万円台、2斤タイプは2万円台の商品が多いようです。1万円台のホームベーカリーでも食パン以外のいろいろなパンが作れます。

2万円以上する商品はパンだけでなく、お餅やうどん、パスタなどが作れる多機能の商品。なかには、1万円以下のお手頃価格の商品がありますので、ぜひチェックしてみましょう。

動作音

深夜に操作をしますので、操作音も気になるところ。生地をこねるときや羽根が動くときにウィーンという機械音がします。最新機種のホームベーカリーは比較的、音が静かです。集合住宅や赤ちゃんがいる家庭は、少しの音でも気になりますよね。購入するときは、動作音がどれくらいのものなのか確認しましょう。

購入前にチェック!ホームベーカリーの便利機能

メニュー

ホームベーカリーでは食パンのほか、サンドイッチ用食パン、米粉パン、ごはんパンなどが作れます。パン以外にもピザ生地やケーキ、ジャムを作れる商品もあります。

自動投入機能

パン作りには欠かせないドライイーストをちょうど良いタイミングで自動投入してくれる機能がついています。そのほかに具材入りパンを作るときのナッツ類やドライフルーツも自動投入できるので便利です。

タイマー機能・早焼き機能

通常の食パンを焼く場合、4時間半~5時間近くかかります。朝、起きる時間帯にパンが焼き上がるように時間を設定できるタイマー機能はとっても便利。また3時間ほどで焼き上がる早焼き機能もあります。

味自慢!口コミで人気のホームベーカリー3選

1. 1年中安定した焼き上がり「パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ」

ITEM

パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ レッド SD-BH1001-R

サイズ:24.1×30.4×32.7cm、容量:1斤タイプ

¥12946〜 ※2018年3月31日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ホームベーカリーで圧倒的な人気を誇るパナソニックの人気商品です。ドライイーストコースなら13時間、天然酵母コースなら10時間後まで焼きあがり時間を設定できるタイマー機能付き。食パンを始め、ごはんパンやフランスパンなど23種類のメニューが作れます。

パナソニック独自の技術で室温、庫内温度を検知するセンサーを搭載して、1年中いつでもふっくらした焼き上がりに。

特集

SPECIAL CONTENTS