栄養満点「アーモンドフィッシュ」のおすすめアレンジレシピ9選

昔ながらの給食おやつ「アーモンドフィッシュ」が、注目を集めているのをご存知でしょうか?魚のカルシウムやビタミンなど栄養満点のアーモンドフィッシュ。手作りレシピやお料理においしくトッピングしちゃうアレンジレシピと併せてご紹介します!

2019年12月13日 更新

おやつに、おつまみに!「アーモンドフィッシュ」

アーモンドフィッシュといえば、骨ごと食べられるちいさなかたくちいわしと、縦割りにされた細かいアーモンド炒った白ごまを混ぜたもので、おやつやおつまみとして食べられています。実は最近のアーモンド人気で、再び注目されているアイテムでもあるんですよ。

アーモンドフィッシュは栄養満点!

アーモンドはビタミン豊富な“スーパーフード”の仲間としても、近ごろ再注目された食材ですよね。骨ごと食べられる小魚はカルシウムはもちろんタンパク質やマグネシウム、ミネラルも多く含まれています。白ごまが使われているものも多く、アーモンドフィッシュは栄養満点!豊富な栄養素を摂る事ができるおやつなんですよ。

カロリーはどのくらい?

学校給食でも採用されているアーモンドフィッシュ。一例として、給食にも出されるこちらの商品では、ひと袋7gでカロリーが36kcal。これを100gに換算すると約514kcalとなります。100gを一度に食べてしまうことはないと思いますが、重さに対してのカロリーは高めなので食べすぎには注意が必要ですね。

おすすめのアーモンドフィッシュ5選

1. 豆の専門店が贈る「アーモンドフィッシュ」

穏やかで太陽をいっぱい浴びた瀬戸内海の小魚はカルシウムがとっても豊富!ミネラルいっぱいのアーモンドは食べやすい皮なし縦割りでのミックスです。大きい袋ですが、簡易保存が可能なチャック袋が使われていますよ。

2. ホールがまるごと「たっぷり!305gホールアーモンド小魚」

こちらは、アーモンドをホールごと入れたタイプです。食べ応えもあり、皮つきなので栄養を逃さずたっぷり吸収できますね。お魚も少し大きめなのがうれしく、お子様にはとってもよろこばれそうですよ。

3. 買いやすいサイズ「 成城石井 おさかなスナック アーモンド小魚 」

人気のアーモンドフィッシュは、トレンドと健康に敏感な成城石井でも販売されています。115gとひとりでも買いやすいサイズなのもうれしく、保存しやすいカップ入りです。甘味と塩味が絶妙でパクパクが止まりません。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう