おしゃれなドリンクボトル15選♪ 好きなドリンクを持ち歩こう

お気に入りの飲み物をドリンクボトルに入れて持ち歩きませんか?おしゃれなデザインのボトルを選べば、ジムやアウトドア、オフィスどんなシーンにも使えます。また、飲み物以外にも雑貨や食品の収納に使えるドリンクボトルもあるので、チェックしてみましょう!

2019年12月17日 更新

おしゃれで人気!ドリンクボトルの使い方

ドリンクボトルは、外出のたびにペットボトルを買うのはエコではないという方や、手作りのデトックスウォーターなどお気に入りのドリンクを持ち歩きたい方に人気のアイテム。マイボトル、ウォーターボトルとも呼ばれていますね。 透明なドリンクボトルも多く、中身が見えるおしゃれさが女性にも注目されています。 たとえば、ヨガやスポーツジムにお気に入りのフレーバーティーを入れて持っていくのもおすすめです。

収納にも人気!

中身が見えるドリンクボトルは、ドリンクを入れる以外にも収納アイテムとして使う方も多いんですよ。高さを活かしてペンのように長さのあるものを収納したり、パスタやお菓子、乾物や洗剤類などの収納に使うのもおすすめ。 100円ショップで買うこともできるので、いくつか揃えてキッチンや洗面所に置いてみてはいかがでしょうか?

ドリンクボトルってどんな種類があるの?

手軽に使いたい人向け「プラスチック製」

「ドリンクボトル」といってはじめにイメージするのがプラスチック製のアイテムではないでしょうか?プラスチック製のドリンクボトルは、筒形のシンプルなデザインのものが多く、バッグやリュックなどに入れても邪魔にならない形と軽さが特徴です。 透明なボトルも多く、ドリンクの色を楽しみたい方にもおすすめ。100円ショップや雑貨店などで手軽に買うことができます。

おいしさキープの「ステンレス製」

ドリンクを長時間持ち歩きたい方は、ステンレス製のドリンクボトルがおすすめです。丈夫なので、アウトドアやスポーツなどアクティブに動く日にも安心です。保冷&保温性が高いため、淹れたてのドリンクのおいしさを1日中楽しめます。 カラーが豊富なので、男性・女性どちらも使いやすいタイプのドリンクボトルです。

軽くて丈夫な「トライタン製」

トライタンは、合成樹脂のひとつでプラスチックとガラスの良さを兼ね備えた素材です。割れにくいことから、ドリンクボトルでも多く使われるようになりました。ガラスのような透明感が魅力で、ドリンクの色が映えます。 同じプラスチック製との違いは、耐熱性があること。ホットドリンクも入れられるので、1年中使えそうです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS