おもてなしに♪洋食の春レシピ6選

副菜

7. 春の温野菜サラダ

春になると開花が始まり、街中が鮮やかな色合いに包まれます。そんな美しい春の色味を、食卓の中にも取り入れてみませんか?特製のアンチョビソースレシピを覚えておけば、使う野菜はお好みでOK。アンティーチョークやトレビスなど、ちょっと珍しい春野菜を取り入れるとパーティーが盛り上がりますよ♪

8. アスパラのオイル蒸し

アスパラガスを主役にしたオイル蒸しのレシピです。こちらのお料理、レシピ自体はとてもシンプルですが、春らしさ満開の盛り付け方法に注目してください。卵は白身と黄身で別々にマッシュし、ベーコンを散らせばできあがり。ベーコンは花びらが舞っているようで、アートのような美しさを感じます。

9. いちごとホタテのカルパッチョ

せっかく春にパーティーをするなら、いつもは作らないような珍しいレシピを取り入れてみませんか?「いちごとホタテのカルパッチョ」は見た目のインパクト抜群ながら、もちろん味も絶品!フルーツとホタテっておいしいの⁉︎と思うかもしれませんが、甘酸っぱいソースのようでとっても合うんですよ♪

主菜

10. 春野菜とたらのイタリアンアクアパッツァ

パーティーの定番料理「アクアパッツァ」を、春野菜を使って季節感溢れるアレンジに。見た目が華やかなだけでなく、簡単で豪華、しかもおいしく作れるのがアクアパッツアの魅力です。あさりの砂抜きの時間を除けば、調理時間は経ったの10分ほど。パーティーだけでなく、普段の献立にも取り入れてみてくださいね。

11. あさりと菜の花のパスタ

季節問わずスーパーで手に入るあさりですが、実は旬は3月下旬から5月にかけて。この時期は産卵期で、ぷりぷりの身のあさりが収穫されます。そんな旬のあさりからおいしい出汁がたっぷりと出るので、味付けはバター醤油だけでOK!同じく春が旬の菜の花と合わせて、バランスよく盛り付けましょう♪

12. トマトと春野菜のチーズ焼き

ほくほくの新じゃがを使った春野菜たっぷりのチーズ焼き。グラタンと違いホワイトソースを作る手間がなく、具材を並べてオーブンで焼くだけで簡単に作ることができます。春野菜はみずみずしさがありますが、トマトを加えてさらに水分を含ませるのがポイント。ベーコンの旨味が野菜たちとマッチします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ