ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

お家が居酒屋になる!家庭用焼き鳥器の特徴

家庭用の焼き鳥器とは

家庭用の焼き鳥器は、本格的な焼き鳥が自宅で焼ける調理家電です。フライパンやホットプレートなどで作る焼き鳥とは違い、鶏肉の焼き加減や香ばしさはまさに本格的!さらに、簡単に焼けることや、焼き立てをすぐに食べられることも魅力です。

あまりメジャーではない家電ですが、燃料タイプやサイズが異なるものなど、多種多様な焼き鳥器が販売されていますよ。

焼きあがりが違う?焼き鳥器 vs フライパン

自宅で焼き鳥を作る際、よく使われるのがフライパンです。使いやすくて洗うのも楽なフライパンですが、深さがあるため、串をさした焼き鳥を焼きにくいことが難点。

その点焼き鳥器なら、ひっくり返すのが楽なので、やけどをする心配もありません。何本か並べて焼けるため、焼き鳥屋さんの雰囲気を楽しめることも特徴です。焼き鳥器によっては、炭火焼きができるタイプもあります。炭火焼きならではの香りを楽しむことができますよ。

焼き鳥器の使い方は?

焼き鳥器の熱源はガスや電気などさまざまですが、使い方はどれも大差ありません。網やステー金具の上に焼き鳥を並べて焼くだけ。焼き具合をみながらひっくり返して、香ばしく焼きあげたらできあがりです。

付属品として金串が付いている焼き鳥器もあります。金串に焼き鳥をセットすれば、自動で回転するという画期的なものもありますよ。

家庭用焼き鳥器の種類

カセットガス式

カセットガス式の焼き鳥器は、火力調整ができるのが魅力。少し焦げ目をつけて香ばしい焼き鳥を作りたいときには最適です。好みの焼きあがりを楽しめますよ。

ガスボンベをセットするだけなので、準備も片付けも簡単。軽くて持ち運びしやすいため、自宅はもちろん、アウトドアでも活躍します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ