家庭用焼き鳥器の人気5選!種類別の特徴や選び方も

ジューシーでお酒が止まらない焼き鳥は魅力が豊富。自宅だとフライパンでも作れる焼き鳥ですが、どうせなら専用の焼き鳥器がおすすめ。焼き鳥器を使えば本格的な焼き鳥をご自宅で食べられちゃう♪この記事では種類別の選び方やおすすめ商品5選を紹介します。

2019年9月28日 更新

お家が居酒屋になる家庭用焼き鳥器!

家庭用焼き鳥器とは

焼き鳥屋さんの焼き鳥って、どうしてこんなにおいしいんだろう!家で焼くのとはちょっと違うのよね、と思ったことはありませんか?家庭用焼き鳥器は、自宅で簡単に、本格的な焼き鳥を焼ける調理器です。燃料タイプやサイズが異なる、多くの家庭用焼き鳥器が販売されています。

焼きあがりが違う?焼き鳥器vsフライパン

自宅で焼き鳥を作る際、よく使われるのがフライパンです。使いやすく洗うのが楽なフライパンですが、深さがあるため、串をさした焼き鳥が焼きにくいことが難点です。

反面、焼き鳥器は、ひっくり返すのが楽なのでヤケドの心配もありません。また、何本か並べて焼けるため、焼き鳥屋さんの雰囲気をたっぷり楽しめることも焼き鳥器の特徴です。焼き鳥器によっては炭火焼きができるタイプもあるので、焼き鳥ならではの香りと煙、香ばしさを楽しむことができますよ♪

焼き鳥器の使い方は?

焼き鳥器の熱源はさまざまですが、どれも網の上に焼き鳥を並べて焼くだけ。途中、焼き具合をみながらひっくり返して、香ばしく焼き上げたらできあがりです。

また金串が付属品として付いている焼き鳥器もあり、金串に焼き鳥をセットすれば自動で回転するという便利で画期的なものもあります。熱源によって準備方法は異なりますが、調理方法はシンプルに焼くだけなので簡単ですね♪
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう