フライパンは消耗品?買い換えのタイミング

コーティング加工のフライパンは、使用しているうちに表面のコーティングがはがれてきてしまいます。コーティングがはがれると食材が焦げ付きやすくなったり、汚れが落ちにくくなったりと、さまざまなトラブルの原因に。そうなると、目玉焼きすらきれいに焼くのが難しくなってしまいます。 コーティング加工のフライパンは、食材の焦げ付きが気になりだしたら買い替えることをおすすめします。特に比較的リーズナブルに購入できるフッ素樹脂加工のフライパンは摩擦や熱に弱いため、早めのサイクルで買い替える必要がおすすめ。 逆にダイヤモンドやチタン加工のものなどは比較的長持ちするので、買い替えのタイミングも遅めで大丈夫です♪

焦げ付かないフライパンであなたも料理じょうず♪

フライパンを焦げ付かせないための秘訣には意外なものもありましたね。知らないうちにフライパンが焦げ付く原因を作っていた方もいるのではないでしょうか? フライパンのコーティング加工にも、こんなにもたくさんの種類があったなんて驚き。それぞれにメリット、デメリットがあるので、あなたに合った商品を選ぶようにしましょう。少し高くても長く付き合えるフライパンを選ぶのも素敵ですよ♪
▼フライパンについてもっと詳しく知ろう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ