おすすめの「ステンレス水筒」20選♪ タイプ別で選びやすい

ドリンクの飲みごろ温度をキープしたまま持ち運べる「ステンレス水筒」。ここでは、そのメリットや選び方などをご紹介します。また、直飲みやコップ付きなど各タイプごとのおすすめ商品を計20個ピックアップしました!ぜひ参考にしてみてください♪

2018年5月21日 更新

容量

外出する際に必要な飲み物の分量は、シーンごとに異なるもの。そのため、水筒の容量も外出の目的などによって使い分けることが大切です。

普段どのくらい水分補給をしているか、外出先での水分補給をすべて水筒で賄うのか、お昼ごはんのときをメインに使うのかなども選ぶ基準のひとつ。それぞれのシーンに合わせて水筒の容量を選ぶのが重要です。1日の行動量や行き先の天気や気温など、目的に合った容量のものをゲットしましょう♪

直飲みタイプのおすすめステンレス水筒5選

1. 保冷・保温性にすぐれた「タイガー魔法瓶 サハラマグ200ml」

ITEM

タイガー魔法瓶 サハラマグ200ml

保冷・保温性にすぐれた、タイガーのステンレス水筒。独自のスピニング加工で軽量化されています。フタを閉めると自動でロックがかかる「オートロック機能」付き。

¥1,805〜 ※2018年5月18日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
人気メーカー・タイガーの、保冷・保温性にすぐれたステンレス水筒。フタを閉めると自動的にロックがかかる「オートロック機能」が便利です。バッグのなかでフタが開いても飲み物がこぼれることがありません。タイガー独自の加工によって、軽量化に成功した商品です。丸洗いオッケーなのもポイント高し!
【仕様】
■サイズ:幅5.8×奥行5.8×高さ15.1cm
■容量:200ml
■重量:118g
■材質:内びん:ステンレス鋼 、胴部:ステンレス鋼、肩部:ステンレス、せん:ポリプロピレン、パッキン:シリコン
■カラー:ミントグリーン、スノーホワイト、パウダーピンク
■価格:1805円〜

2. 大容量なのにコンパクト「和平フレイズ サースティマグボトル 800ml」

ITEM

和平フレイズ サースティマグボトル 800ml

スポーツのときなどに適した、800mlと大容量タイプのマグボトル。それでいてコンパクトにできているのも魅力。飲み口は口当たりのよい樹脂製。丈夫で熱が逃げにくいステンレス断熱2重構造です。

¥1,128〜 ※2018年2月22日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
飲み物をたっぷり入れて持ち運べる大容量タイプのマグボトル。それでいてコンパクトなつくりなので、持ち運びはラクラクです。飲み口は口当たりのやさしい樹脂性の飲み口。広口タイプで大きめの氷は入りやすい作りとなっています。ステンレス素材の真空断熱構造で、保冷・保温性もばつぐん!
【仕様】
■サイズ:7.6×7.6×25cm
■容量:800ml
■重量:410g
■材質:本体:ステンレス鋼(二重断熱構造)、外面:焼付塗装、飲み口:ポリプロピレン
■カラー:シルバー、ブラック、ホワイト、レッド
■価格:1128円〜

3. いつでもどこでも飲みごろキープ「ナイキ ハイドレーションマグ(0.5L)」

ITEM

ナイキ(NIKE) ハイドレーションマグ(0.5L) JNU-500N

保冷・保温に対応したハイドレーションマグ。毎日のお出かけのさいに便利なストラップ付き。ワンタッチオープン式で簡単操作。飲み口は外して洗えるので、衛生的に使えます。

¥1,899 ※2018年5月18日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
人気のスポーツメーカー・ナイキのステンレス水筒。保冷・保温のどちらにもばっちり対応しているので、いつでもどこでも飲みごろの温度をキープしてくれます。外出のときに便利なストラップ付き。フタがワンタッチ・オープン式で、飲みたいときにすぐ飲めるのも魅力です。フタや飲み口を外して洗えるので、お手入れも簡単♪
【仕様】
■サイズ:8.0×7.5×23cm
■容量:500ml
■重量:299g
■材質:本体:ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装) 、フタ・せん素材:ポリプロピレン、フタパッキン・せんパッキン:シリコン
■カラー:ブルー、ピンク、グリーン
■価格:1899円〜
3 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう