クセになる「シェーブルチーズ」の特徴とおいしい食べ方をチェック!

ヤギの乳から作られた「シェーブルチーズ」をご存知ですか?独特のクセと柔らかさで、チーズ好きをトリコにしているシェーブルチーズ。そんなシェーブルチーズの種類や保存方法、シェーブルチーズを使ったおすすめレシピなどをご紹介します♪

シェーブルチーズってどんなチーズ?

シェーブルチーズとは、ヤギの乳を原料に作られたチーズのこと。このシェーブルとはフランス語でヤギを意味しており、主にフランスで古くから作られているチーズです。

シェーブルチーズは、ヤギ特有のクセのある味わいが特徴です。ほかのチーズとは違った風味があるので、少しクセのある味が好きな方からこよなく愛されています♪シェーブルチーズ初心者さんは、最初からたくさんの量を食べるのではなく、少量からチャレンジすることをおすすめします。

また、柔らかい食感で口当たりがよく、ホロホロと形が崩れやすいというのもシェーブルチーズの特徴です。細かくしてドレッシングに混ぜたり、ジャムのようにパンに塗っていただくと、とてもおいしく食べることができますよ!

どんな種類がある?

柔らかい食感と独特のクセがあるシェーブルチーズにはいくつかの種類があります。深みのある味わいや、初心者の方でも食べやすいものまで、特に特徴のあるおすすめの3種類をご紹介します♪

ヴァランセ

ヴァランセは、フランスのヴァランセ村で作られているシェーブルチーズです。四角錐の形をしており、数あるシェーブルチーズの中でも最も有名な種類です♪表面はグレーがかった色をしていますが、切ると中は真っ白の透き通った色をしています。

ヴァランセは旨みがギュッと詰まっており、コクがあって濃厚な味わいが特徴です。熟成が進んでいないものであればクセも少ないので、初めてシェーブルチーズに挑戦するという方でも食べやすいですよ♪

セル・シュール・シェール

セル・シュール・シュールは、丸く平たい形をしたシェーブルチーズで、ポプラの木炭の粉が周りにまぶされているのが特徴です。外側は灰でおおわれていますが、中はとてもキレイな白色のチーズになっています。

きめが細かく繊細な口当たりで、ほどよい酸味が口いっぱいに広がることから、数あるシェーブルチーズの中でも"最高傑作"と呼ばれています。どのような食材とも相性がいいので、なんでも使える万能チーズですよ♪

プリニー・サン・ピエール

プリニー・サン・ピエールは、背の高いピラミッド型をしていることから「エッフェル塔」の愛称で親しまれているシェーブルチーズです。中の色は白くてきめが細かいのが特徴。しっとりとした口当たりです。

ほどよい酸味があり、クリーミーな味わいを楽しむことができるのもプリニー・サン・ピエールの魅力です。また、ほかのチーズに比べてヤギ特有の風味があるため、シェーブルチーズを食べ慣れている方におすすめしたいチーズです♪

シェーブルチーズの食べ方は?

シェーブルチーズ本来の味を楽しむには、そのまま食べやすい大きさに切っていただくのがおすすめです。ヤギの独特の風味が気になる方はぜひ焼いて食べてみてください♪焼くことで特有のクセが和らぎ、初心者の方でも食べやすくなります。

シェーブルチーズはホロホロとして柔らかいので、サラダのドレッシングに混ぜて食べるのもおいしいですよ。また、フルーツとの相性も抜群なのがシェーブルチーズの魅力。コクのある濃厚な味わいが爽やかなフルーツとよく合いますよ♪

シェーブルチーズの旬はいつ?

シェーブルチーズは年中食べることができますが、1年の中でもっともおいしくいただける旬は初夏です。ヤギは春に出産するのですが、生まれた子ヤギにミルクを与えるため、花や草をたくさん食べて栄養たっぷりのミルクを出します。その栄養たっぷりのミルクからチーズが作られるので、初夏に旬を迎えるんですよ♪

シェーブルチーズの保存方法は?

シェーブルチーズは乾燥を防いで保存してください。切り口に空間を空けてラップで包み、濡れ布巾などと一緒に大きめの容器に入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです♪また、切り口はカビが生えやすいので清潔に保つことが重要!切り口が塗れていたら水分を拭き取って新しいラップを被せてくださいね。

シェーブルチーズを使ったレシピ5選

1. シェーブルチーズトーストのサラダ

こんがりと焼いたパンとサラダの爽やかさが、シェーブルチーズにマッチするひと品。シェーブルチーズをそのまま使用しているので、チーズ本来のコクや旨みをたっぷりと感じることができるメニューです!クルミを混ぜて香ばしさと食感をプラスするとさらにおいしくなりますよ♪

特集

SPECIAL CONTENTS