その他にもいろいろな素材が

最近では100均などでタイル、コルク、フェルトなど様々な素材の鍋敷きをみかけるようになりました。手作りブームも反映して、好きな素材を使って、自分なりの鍋敷きを作っていらっしゃる方も多いようです。素材を選ぶときは、熱に強く、汚れを落としやすいものを使うといいですよ。

ナチュラルな木製鍋敷き4選

1. 北欧キッチンの代表格「Skandinavisk Hemslojd」

ITEM

鍋敷き トリベット フィッシュ 

材質は、固くて丈夫で耐久性に優れているセイヨウトネリコという落葉樹を使用しています。

¥2,484〜 ※2018年02月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

Skandinavisk Hemslojd(スカンジナビスク・ヘムスロイド)社の鍋敷きは、スウェーデンの木工職人によるハンドメイドの温もりを感じるアートのような魚型の鍋敷きです。口元の切り込みも愛らしく、毎日のクッキングタイムの癒しになってくれそうです。

2. 幸せを運ぶ馬「CROSS クロス トリベット」

ITEM

クロス トリベット core『FS』

クロス型が特徴的な、CROSSseries。割れにくいブナ材で作ったトリベットです。

¥2,554〜 ※2018年02月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

トレードマークの馬の焼き印は「幸せを運ぶ馬」として愛されているスウェーデン・ダーナラ地方の伝統工芸品。ぬくもりのある素材とシンプルなクロスのデザインが、北欧の風を感じさせます。

3. おしゃれな鍋に合わせるなら「KRANSSI Wreaths」

ITEM

ヴェルソデザイン KRANSSI Wreaths 

フィンランドの人気ブランド、versoDESIGN(ヴェルソ・デザイン)のバーチ材の木のボール玉をつなげた鍋敷きです。

¥4,104〜 ※2018年02月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

“使ってもかわいい、飾ってもおしゃれ”な鍋敷きは、木のボール玉をつなげてあります。北欧デザインらしいナチュラルな色合いや木のぬくもりが感じられますね。鍋敷きについているレザーのループがアクセント。使わない時はオーナメントのように飾っても絵になります。

4. マグネットで鍋底にくっつく「STAUB」の鍋敷き

ITEM

staub マグネットトリベット ラウンド16.5cm 40511-078

¥3,061

中にマグネットが入っているので、鍋にくっついて鍋と一緒に持ち運びができます。

※2018年2月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
マグネットで鍋敷きが鋳物ホーロー鍋にくっつくので、お鍋と一緒に持ち運べます。重たいホーロー鍋を使う時には欠かせない便利な鍋敷きです。家事の効率もアップする点もうれしいですね。人気の鍋「STAUB」と一緒に使いたいアイテムです。

収納しやすい!布製鍋敷き4選

5. 鍋敷きとしても、鍋つかみとしても使えるミトン

ITEM

fabrizm 日本製 鍋敷き ミトン 鍋つかみ フレス ネイビー 1308-nv-nv

¥1,728〜

生地はコットン55% リネン45%の麻混素材。 さらりとした肌触りでやわらかい風合いの日本製です。

※2018年2月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
アツアツのお鍋を敷いたり運ぶとき、オーブン料理をするときなど、ミトンはキッチンで大活躍です。そのまま鍋敷きにもなるので、一石二鳥!おしゃれなテキスタイルは、使わない時にもフックに引っかけて、キッチンインテリアになります。お料理好きな方へのギフトにもおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ