フレッシュハーブティーの楽しみ方

フレッシュハーブティーの魅力

フレッシュハーブティーの最大の魅力は摘みたてならではの香りが楽しめることです。乾燥ハーブでも十分な香りがありますが、ハーブは摘んだ瞬間に切り口から香りが立ちのぼります。フレッシュハーブでは新鮮な香りが逃げてしまう前にハーブティーとしていただくことができるのです。 ただ、ドライハーブは長期保存ができ、年間を通じて入手ができるという利点もあります。フレッシュハーブ・ドライハーブどちらもいい面がありますので使い分けてくださいね!

フレッシュハーブティーの作り方

フレッシュハーブは自家製のものを使ってもいいですし、最近ではスーパーで入手することも可能です。できるだけ新鮮なものを使い、葉や花・茎などハーブティーにする場合は良く洗って使います。 また、使う量はドライハーブの重量の2~3倍、目安としては、手のひらでひとつかみ程度です。淹れかたはドライハーブと変わりませんが、フレッシュハーブティーをカップに注いだ後に、さらに新しい葉や花を浮かべると見た目もよくなり、より新鮮な芳香を感じられます。

人気のハーブティー7種類

カモミール

カモミールは日本では「カミツレ」といい、黄色い花芯に白い花びらのとてもかわいらしい花です。摘み取った花がハーブティーとして使われ、香りはリンゴに似ておりノンカフェインですので、夕方以降も楽しんでいただけます。

レモングラス

レモングラスはイネ科の植物です。レモンの香りがすることから、この名前がついていますが酸味がなく、ハーブティーにするとレモンを絞ったよりもレモンの香りが強く感じるほど、芳醇な香りです。飲みやすい味ですので初心者の方にもおススメですよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ