ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコにはどんなルイボスティーがあるの?

Photo by akiharahetta

アメリカ生まれの倉庫店、コストコはオーガニック製品が豊富にそろいます。本記事で取り上げるルイボスティーもオーガニック製品。ブランドは2つで、ペットボトル入りとティーバッグがあり、いずれも有機栽培です。

高品質・低価格なコストコ商品ですので、コンビニやスーパーで買うよりお買い得。本記事では、マニアのおすすめをご紹介します。品質・味・コスパ・飲み方まで、あらゆる面から徹底レビューしますね。ぜひ商品選びの参考にしてください。

ロイヤルティー「オーガニック ルイボスティー」

Photo by akiharahetta

1,278円(税込)
どのブランドも良くて迷いますが、選んだのはこちら!「ROYAL-T ORGANIC ROOIBOS(ロイヤルティー オーガニックルイボスティー)」です。

選んだ理由は売り場。おすすめ度の高い通路側、試食コーナー横に陳列されており、コストコのイチオシだとわかったからです。かなり売れており、奥の方まで手を伸ばしてなんとか入手するような状態でした。

パッケージ裏面を見てみると……

Photo by akiharahetta

どんな商品なのか確かめるためパッケージ裏面を見てみましたが、ほぼ英語表示。日本語表示は一部のみでした。さほどむずかしくなさそうなので、訳しつつご紹介していきましょう。

まずは産地から。本品の産地は南アフリカです。100%オーガニックで、ノンカフェイン、カロリーは0。やさしい甘さとなめらかな味わいで、赤く美しい色と豊かな香りが特徴だそうですよ。

内容量とコスパは?

Photo by akiharahetta

内容量は500g。2.5gのティーバッグが20個ずつアルミパックされており、そのパックが10袋入っています。つまり合計で200杯分。大容量ですよね。

価格は1,278円(税込)ですので、計算すると1杯あたり6.39円(税込)になります。ティーバッグひとつで2杯入れることが多いと思うので、正確にはその半額の3.2円(税込)でしょう。オーガニックルイボスティー1杯のお値段にしては超破格!

茶葉を確かめてみましょう

Photo by akiharahetta

念には念を入れてチェックしないとということで、茶葉を確認するため、袋を破って中身を出してみました。ルイボスの茶葉ってこんな感じなんですね。初めて見ました。

細かくて赤茶色。ルイボスは、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈に自生する植物で、現地の言葉で「赤い茂み」という意味なんだそうです。先住民が長い間大切にしてきた貴重なお茶なんですよ。

ルイボスティーのおいしい淹れ方

1. 熱湯を注ぐ

Photo by akiharahetta

初めて飲む方もいると思うので、パッケージの説明に従い、正しいルイボスティーの淹れ方を学んでみましょう。

まずは湯を沸かします。続いてカップまたはティーポットに、ティーバッグをひとつ入れ、湧いた湯を注いでください。紅茶は80℃の湯をベストとしますが、ルイボスティーには熱湯がおすすめ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ