ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

夏に食べたいさっぱり料理レシピ9選

1. 海老とキュウリのレモン漬け

さっぱりしたいときは、柑橘系でフルーティーな酸味を加えるのが一番。香りでも食欲がわいてきますね。海老のオレンジ、きゅうりのグリーン、レモンのイエローのコントラストで目でも楽しめるひと皿です。冷蔵庫で冷たくひやしてから召し上がってください。

2. トマトソースの洋風冷しゃぶ

トマトはサラダで食べるだけでなく、ソースにすれば別のおいしさが味わえます。いつもはポン酢で食べるさっぱりおかずの代名詞「冷しゃぶ」をワンランクアップしてくれます。豚肉との相性もばっちり!ソースは作り置きしておけば、他のお肉や白身魚にも合いますよ。

3. パパイヤのピーナッツ和え

タイ料理で人気の青パパイヤのサラダが、ご家庭でも簡単に作れます。ナンプラーとライムのしぼり汁で、エスニックな味付けは完成。ピーナッツパウダーがなくても、ピーナッツをくだいて和えれば食感が楽しめますよ。パクチー好きな方は、お好みでたっぷり添えてくださいね。

4. アジのレモンマリネ

夏が旬のアジを使って、さっぱりしたマリネを作りましょう。お刺身用のアジを買ってくれば、あとは野菜をオリーブ油で炒めて、レモンと一緒に和えるだけです。ナスだけでなく、ズッキーニやパプリカなどの夏野菜をたっぷり使えば、さらに旨みがアップしますよ。

5. キュウリの素麺風

淡白なきゅうりを麺に見立てて、さっぱりいただきましょう。きゅうりは水分が多いので、しっかり塩もみしておくのがポイントです。ショウガや大葉、ゴマ以外にもネギやミョウガなどの薬味も合いますよ。仕上げにオリーブオイルをたらして、味のアクセントにしてください。

6. 梅しそチキンソテー

鶏もも肉から出る脂も、大葉と梅干しで作った梅しそダレでさっぱりいただけます。鶏肉は皮目がパリパリになるまで、しっかり焼き目をつけた方が食感もよくなりますよ。梅の酸味の中に、わさびがピリッときいてご飯がすすむこと間違いなしです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS