ひと手間加えた「さっぱり料理」レシピ18選♪夏も冬もさっぱりが好き!

こってりした食事が続いたり、ちょっとお疲れ気味のときはさっぱりした料理が食べたくなるもの。そんなときは、いつも作っているレシピにひと工夫。酸味をだす調味料や、脂っぽさを吸いとってくれる食材を加えれば、あっという間にさっぱり料理に変身です。

2018年11月4日 更新

夏に食べたいさっぱり料理レシピ9選

1. 海老とキュウリのレモン漬け

さっぱりしたいときは、柑橘系でフルーティーな酸味を加えるのが一番。香りでも食欲がわいてきますね。海老のオレンジ、きゅうりのグリーン、レモンのイエローのコントラストで目でも楽しめるひと皿です。冷蔵庫で冷たくひやしてから召し上がってください。

2. トマトソースの洋風冷しゃぶ

トマトはサラダで食べるだけでなく、ソースにすれば別のおいしさが味わえます。いつもはポン酢で食べるさっぱりおかずの代名詞「冷しゃぶ」をワンランクアップしてくれます。豚肉との相性もばっちり!ソースは作り置きしておけば、他のお肉や白身魚にも合いますよ。

3. パパイヤのピーナッツ和え

タイ料理で人気の青パパイヤのサラダが、ご家庭でも簡単に作れます。ナンプラーとライムのしぼり汁で、エスニックな味付けは完成。ピーナッツパウダーがなくても、ピーナッツをくだいて和えれば食感が楽しめますよ。パクチー好きな方は、お好みでたっぷり添えてくださいね。

4. アジのレモンマリネ

夏が旬のアジを使って、さっぱりしたマリネを作りましょう。お刺身用のアジを買ってくれば、あとは野菜をオリーブ油で炒めて、レモンと一緒に和えるだけです。ナスだけでなく、ズッキーニやパプリカなどの夏野菜をたっぷり使えば、さらに旨みがアップしますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう