お弁当といえば「のり弁」!基本の作り方&おかずのレシピ10選

今回は、お弁当を代表する「のり弁」のレシピです。誰もが一度は食べたことがある定番のお弁当で、どんなおかずにも合うのが嬉しいポイントです◎ おすすめのおかずのレシピもご紹介。かわいくデコレーションして、「のり弁」を楽しんでくださいね!

のり弁の基本の作り方

材料(1〜2人分)

・焼きのり……ご飯が隠れるくらい
・しょうゆ……適量
・ご飯……適量

おかか

・鰹節……10g
・白ごま……大さじ1杯
・みりん……大さじ1/2杯
・料理酒……大さじ1/2杯
・しょうゆ……大さじ1杯

作り方

1. おかかの材料すべてをフライパンに入れ、水分がなくなるまで炒ったら、おかかのできあがりです。

2. お弁当箱にご飯をよそい、その上に1で作ったおかかを敷きます。さらにその上にご飯を重ね、三層にします。

3. 焼きのりの片面にしょうゆを塗り、しょうゆを塗った面がご飯に重なるように敷き詰めたら、のり弁のご飯部分のできあがりです。あとはお好みのおかずを盛り付けましょう。
▼おかかの詳しい作り方を知りたい方はこちら

のり弁に合うおかず10選

のり弁に合う主菜6選

1. 鶏のから揚げ

和食器に盛られた、鶏のから揚げ

Photo by macaroni

お弁当といえば、鶏のから揚げですよね。のり弁だけでなく、どんなお弁当でも相性抜群!お肉にしっかりと下味をつけ、衣には片栗粉を使って、二度揚げしていきます。

冷めてもおいしい唐揚げを、お弁当に入れて楽しみましょう◎

2. 白身魚のフライ

のり弁といえば白身魚のフライ。こちらも唐揚げに続いて、定番のおかずですよね。

タルタルソースは小さい食器や、お弁当用のカップに入れてお弁当箱に入れておきましょう。食べる直前にソースをかけることで、フライのサクサク感を楽しむことができますよ!

3. 鶏むね肉の柚子こしょう照り焼き

鶏むね肉はひと口大にし、フォークで数カ所穴をあけておきましょう。肉の繊維がちぎれてそこから水分や調味料が染みこみやすくなるので、パサパサしているむね肉を、ふわっとやわらかくすることができますよ。塩こしょう、酢の味をなじませたら、片栗粉をまぶし、フライパンで炒めます。焼き色がついたら調味料を加え、照りが出たらできあがり!

しっかり味のお肉が、お弁当のおかずにうれしいひと品です♪

特集

SPECIAL CONTENTS