三大どら焼き&有名店まで!東京にある「絶品どら焼き」の名店10選

どら焼きは東京が発祥の地。都内には感動で涙が止まらなくなるような、絶品のどら焼きを提供するお店がたくさんあるんです!ここでは、どら焼き好きなら絶対一度は食べておきたい、絶品どら焼きがあるお店を10店ご紹介しますよ。

東京で絶品どら焼きを食べよう!

「どら焼き」と言われて多くの人が思い浮かべるであろう、2枚の丸い生地で餡を挟んだ、あの形のどら焼きは東京が発祥と言われており、東京には江戸前のおいしいどら焼きがたくさんあるのです。

そこで今回は東京都内にある、絶品どら焼きが食べられるお店を10店ご紹介します。

やっぱり外せない「どら焼き御三家」

上野『うさぎや』

「どら焼きと言えばうさぎや」と言う人も多いこの「うさぎや」。いくつか店舗があり、店舗によって味も異なるそうです。

超有名店ですので、どら焼き好きは一度は食べておきたいどら焼きの一つです。一口ほおばると、まず、そのもっちりと弾力がありながら、非常に歯切れが良い皮の食感に驚かされます。

さらに、さっぱりとした甘さのあんこは、小豆の風味がしっかりと残っており、喉を通った後も、味の余韻が心地よく続きます。皮の香ばしさとも相まって、後を引くおいしさです。
【店舗情報】
■店舗名:上野 うさぎや
■最寄駅:上野広小路駅
■住所:東京都台東区上野1-10-10
■電話番号:03-3831-6195
■営業時間:9:00~18:00
■定休日:水曜日
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003599/
■公式HP:http://www.ueno-usagiya.jp/

浅草『亀十』

浅草には、たくさんのおいしいお店があります。舟和の芋ようかんや木村家本店の人形焼など、定番と言われるお土産が多い中、同じように定番で、とても有名なのにも関わらずなかなか買えないというプレミアムなお土産が、亀十のどら焼きです。

生地はふんわりとしており、一般的なこしのあるどら焼きの皮とは全く異なる食感なんだそうです。

中に入った粒あんも、やさしい甘さが生地にマッチして、絶品!亀十さんのどら焼きは大人気で、毎日店先に行列が出来ています。

「食べたいけど並ぶのはちょっと大変だなぁ…」という人は、なんと亀十さんのどら焼きは予約可能ですので、予約すれば並ばずに食べられます!!ちょっと空いたときに取りにいきましょう。

ITEM

亀十 どら焼き

内容量:6個

¥6980 ※2018年5月22日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
【店舗情報】
■店舗名:亀十
■最寄駅:浅草駅
■住所:東京都台東区雷門2-18-11
■電話番号:03-3841-2210
■営業時間:10:00~20:30
■定休日:不定休
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003655/

東十条『草月』

皮は黒糖と初蜜が入っているため、少し黒っぽくなっています。表面はまだらな焼き目がついています。口にいれてみると、ふわふわともちもちの中間くらいの不思議な食感がまっています♩

食べたら他のどら焼きでは満足できないほど病み付きになるという草月の「黒松」。お取り寄せも可能ですので、遠方の方はぜひ!

ITEM

黒松 草月 どら焼

内容量:10個

¥9980 ※2018年5月22日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
【店舗情報】
■店舗名:草月
■最寄駅:東十条
■住所:東京都北区東十条2-15-16
■電話番号:03-3914-7530
■営業時間:9:00~19:00
■定休日:火曜日
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13003793/
■公式HP:http://www.sogetsu.co.jp/

特集

SPECIAL CONTENTS