ポンっと完成♪「ポン菓子」の呼び方や作り方を調査!

ポン菓子は、日本では大正時代から親しまれているお米を原料とした庶民的なお菓子です。製造時の大きな破裂音がそのネーミングの元になっています。その発祥は意外にもアメリカで、実験中のミスから生まれたそうです。元の米粒の10倍にも膨らむそうですよ。

昔なつかしい、ポン菓子をごぞんじですか?

ポン菓子は見た目のとおり、お米を膨張させた素朴なお菓子です。大正時代から昭和の中頃までは、お手軽な菓子の定番として子供に人気がありました。昔は各地を巡回して目の前で実演する業者があり、そのパフォーマンスも人気でした。

現代のお菓子は、ケーキやクッキーを始めとして小麦粉を原料としたお菓子が氾濫していますが、昔は主食であるお米を使ったお菓子も親しまれていました。しかもお砂糖を使っていないので、洋菓子よりも低カロリー、低糖質でヘルシーなんですよ。

ポン菓子とはなんぞや?

ポン菓子ってどんなお菓子?

穀物を加熱すると、含まれている水分が膨張して膨らみます。ポップコーンやジャイアントコーンがおなじみです。ただしお米の場合は、フライパンで加熱しても膨らまずに炒り米になってしまいます。これを穀類膨張機と呼ばれる円筒形の機械で加圧しながら加熱し、10気圧程度に圧力が高まったら蓋を解放して一気に減圧すると、爆音と共に膨張した内容物が放出されます。この時の爆発音が「ポン菓子」の由来です。

ポン菓子のポンの意味

前述のとおり、ポン菓子の「ポン」とは製造時に発生する大きな破裂音に由来しますが、地域によっては「ドン」とも呼ばれています。いずれにしても、音の擬音がネーミングになったお菓子は珍しいですね。それだけ製造法がユニークだという証です。このお菓子の発祥地は意外にもアメリカ。アメリカでの名称は「パフライス(ライスパフ)」と呼ばれています。

なぜにんじん?ポン菓子の由来

うまい棒でおなじみの「やおきん」が販売しているのが「ポップライスにんじん」。野菜のにんじんを模した赤いパッケージに入れられています。なぜにんじん型にしたのかは、深い意味はないようですが、詰めやすくて持ちやすいからではないかと推察されます。グッドアイデアですね。ちなみに、材料ににんじんは使っていませんよ。

地方によってポン菓子の呼び方が違う?

ポン菓子は、地域によって呼び方が異なります。

例えば、「ぽんぽん菓子」「ぽんはぜ」「米はじき」「ばくだん」など。どの呼び方も、ポン菓子を作るときの音が語源になっているようです。四国の一部あたりでは「パットライス」と呼ぶ地域もあるようですが、こちらはアメリカでの「パフライス」が訛ったものという一説が。自分の地域ではどのような呼び方だったのか、話題にするのもおもしろそうですね。

自宅でできるポン菓子の作り方

ポン菓子の材料は、お米、砂糖、水、塩。ポップコーンと違って加熱するだけではなく、高圧をかけないと膨張しません。10気圧程度の圧力をかけたあと、一気に開放することでポン菓子が出来上がります。

自宅で加圧できるものといえば圧力鍋がありますが、こちらは2気圧程度までしかかけられないため、自宅で再現するのは難しそう。

ポン菓子の種類について

ポン菓子の原料は、白米が最もポピュラーで10倍程度に膨らみますが、他の穀物でもOK
。但し、膨張率は素材によって異なります。赤米(4倍)、黒米(4倍)、玄米(7倍)、はと麦(13倍)など。味付けはシンプルに塩だけのもの、お砂糖を加えたもの、甘辛しょう油味や雷おこしのように固めたものなどさまざまです。なんと、ペット用の商品もあるんですよ!

素朴ながらおいしいポン菓子の世界へ!

穀物を膨らませてパフ状態にするポン菓子。日本人にとって最も身近な食材であるお米などの穀物を膨らませた素朴なお菓子です。ふわっとして口溶けのよい食感。お子様からお年寄りまで、おやつやお茶受けに楽しめますね。これを製造する機械は少なくなっていますが、今でも専門メーカーもあります。歴史を感じながら味わおうではありませんか。
▼お菓子づくりにも使える!

特集

SPECIAL CONTENTS