12. 切干し大根とジャコの煮物

切り干し大根にちりめんじゃこを加えた和風の煮ものです。中華丼と味の系統は似ていますが、切り干し大根の食感とちりめんじゃこから出るだしのうま味で一味違う甘辛さがおいしく、丼とおかずとしての煮物のそれぞれの味を楽しむことができます。煮物には唐辛子も入っているのでピリッとした味付けもアクセントになっていますよ!

ボリューム重視!がっつり系副菜6選

13. ナスのみそ炒め

なすとピーマンだけの野菜レシピですが、これだけでメインになるようなボリュームが特徴です。ゴロゴロっと大きめに切ったなすは油で炒めると甘みが増し、ピーマンのすっきりとした苦みも中華丼の甘いたれともよく合いますよ!丼だけでは物足りない、そんな時に野菜2種類でできるこちらのレシピはおすすめです。

14. カキのガーリックオイル焼き

カキのうまみをしっかりと味わうことができるオイル焼きレシピです。中華丼にはオイスターソースを味付けに使うことも多いですよね。同じ食材のカキをそのまま使ったレシピですので、こちらのオイル焼が合わないはずはない!そして、ガーリックを使っているので香りは中華丼のアクセントとして単品でもおいしく、満足感も得られます。

15. 中華風温奴

冷ややっこにひと手間かけて中華風ピリ辛テイストに仕上げたレシピです。とろみがついてアツアツの中華丼と組み合わせると、その温度差やピリッとした味の違いが楽しめます。豆腐ににかけるタレには、白ネギやザーサイ、ショウガを刻んだものがたっぷりと混ぜており、それぞれの味や食感もシャキシャキと感じ、中華丼の合間においしく召し上がれます。

16. チンゲンサイのジャコクルミソース

ちりめんじゃことクルミがアクセントになり、それぞれの食材の食感を楽しむことができるおかずレシピです。チンゲン菜は、あえて縦にザクっと切っているので見た目のインパクトもあり、野菜の歯ざわりが気持ちいいひと品です。中華丼の上にドーンと乗せて一緒に食べてもいいですし、副菜として別々に食べてもよし!いろんな食べ方ができるのもいいですね。

17. ジャガイモの豆鼓炒め

ホクホクのジャガイモをトウチ醤で炒めたおかずです。中華丼の甘みと豆鼓醤のこってりとした味もよく合いますし、ジャガイモの食感はトロトロの中華丼のたれのアクセントとして楽しんでいただけます。こちらのレシピ、下ごしらえはレンチンでできますので非常にお手軽!サニーレタスもポイントになりますので忘れずに添えてくださいね!
▼じゃがいもの保存方法はこちら

編集部のおすすめ