ぬる燗って何度?日本酒のおいしい飲み方&燗酒の基本

日本酒のおいしい飲み方を知っていますか?少し敷居を高く感じる日本酒ですが最近は若い人や、女性にも親しみやすい日本酒が増えています。今回は、知っていると通!日本酒の基本的な飲み方から、おすすめの飲み方、おいしい温度についてまで徹底解説します。

2017年9月15日 更新

温度

上品さを感じるこれらの表現、具体的な温度は「雪冷え」が5℃、「花冷え」が10℃、「凉冷え」が15℃くらい。

雪冷えは口に含んだ瞬間、キリッとした冷たさをかんじますが、花冷えになると少し和らぎます。涼冷えは常温より、ややひんやりしています。

適温の見極め方

こちらも日向燗・人肌燗・ぬる燗同様、温度計を使わないで的確な温度を見極めるのは難しいのですが、ポイントとしては、口に含んだ際にスーッと清涼感があるかどうか。参考にしてみてくださいね。

味わい

全体的に日向燗・人肌燗・ぬる燗と比べると、香りが引き立ち、キリッと引き締まる味わいになります。雪冷えで飲むと、香りが良い日本酒の場合はドライになり、喉を通る時にはすっきりとちょうどよい温度感になります。温度が低い分、甘みや香りの華やかさには欠けるようですが、すっきり爽やかな味わいが楽しめます。

おすすめは上燗

どの温度で日本酒がおいしく感じるかはその人によりますが、燗酒でおすすめなのは45℃程度。この温度が最も香りや風味など全体のバランスが良く、おいしく感じるとされています。では、この温度の目安や自宅で作る際はどうすれば良いのでしょうか。
4 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう