ぬる燗って何度?日本酒のおいしい飲み方&燗酒の基本

日本酒のおいしい飲み方を知っていますか?少し敷居を高く感じる日本酒ですが最近は若い人や、女性にも親しみやすい日本酒が増えています。今回は、知っていると通!日本酒の基本的な飲み方から、おすすめの飲み方、おいしい温度についてまで徹底解説します。

日本酒のおいしい飲み方

大人のお酒、お酒好きならではのお酒、というイメージが強かった日本酒ですが、最近では日本酒をメインに取り扱うオシャレなお店も増え、日本酒を好む女性も増えてきています。

ですが、日本酒をおいしく飲んでみたいけれど飲み方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、おいしい日本酒から初心者でもおすすめの日本酒、知っていると通になれる酒器まで・・・日本酒にまつわるあれこれを徹底的に解説いたします。

日本酒の味は温度で変わる

お米と水、麹を主な原料として作られる日本酒。もちろん使用するお米やお水によっても味は変わりますが、飲む際の温度も大きく影響しています。

一概にどの温度が最適かを述べることはできず、どれぐらいの温度をおいしいと感じるかは好みによって様々。また、例えば同じ人肌の温度に温められた日本酒も人によって「人肌燗」や「ぬる燗」など異なります。お店でオーダーする際は、おすすめの飲み方を確認するとよさそうですね。

吟醸酒は冷酒または常温

ひとことで日本酒と言っても「吟醸酒」や「大吟醸」「本醸造酒」など様々。どのお酒に分類されるかは使用原料と精米歩合によって異なります。

▶︎吟醸酒
米、米こうじ、水、醸造アルコールを原料とし、精米度合60%以下のものを言います。香りと色がよいため、それらを損なわない5℃~16℃の「冷や」か「常温」がおいしいとされています。

▶︎純米酒
米、米こうじ、水を原料としこちらも精米度合60%以下。5℃~25℃の「冷や」か「常温」「ぬる燗」がおいしいとされています。

▶︎本醸造酒
米、米こうじ、水、醸造アルコールを原料とし、精米度合70%以下のもののみを言う、日本酒の中でも希少価値が高いものです。5℃~18℃又は24℃~40℃の「冷や」「常温」か「ぬる燗」とおいしいとされる温度の範囲は比較的広めです。

常温(冷や)で飲むポイント

まずは、常温(冷や)で飲む際のポイントをご紹介します。同じ日本酒でも温度によって風味や香りが全く異なります。ご自身に合った温度を探してみてくださいね。

温度

日本酒の「常温」と聞くと、室内にそのまま放置していた際の温度と思う方も多いかもしれませんが、実は15~20℃と決まっています。

冷蔵庫に入れると冷たくなりすぎてしまいますし、室内で放置していたのでは夏場は高く、冬場は低くなってしまいます。とは言え、触った感じや見た目では正確な温度は分からないため、見極めの際はどういった点に気をつければよいのでしょうか。

適温の見極め方

日本酒での「常温」の定義が分かったところで、なかなか温度計を使わずに15~20℃を把握するのは難しいですよね。

見極めのポイントとしては、口に入れた時。あいまいな感覚値ですが、口に入れた時に冷たすぎるほどではないが、ぬるくもない程度という。見た目には、透明な容器に入れた際、ほんのりと水滴がつく程度です。

味わい

日本酒を常温で楽しむ醍醐味は、香りと風味。常温で飲む際、甘味、酸味、苦味のバランスがよくなり、ものによってはまろやかに感じることもあります。

日本酒本来の味わいが最も感じられる温度ということもあり、常温でおいしく感じる日本酒は本物だと思ってよいという方もいます。とはいえ、どのような日本酒をおいしいと思うかは人それぞれですので、常温で飲んだ際の味わいがいまいちだからと言ってその日本酒がよくないというわけではありません。

日向燗・人肌燗・ぬる燗

続いては、日向燗(ひなたかん)・人肌燗(ひとはだかん)・ぬる燗で飲む場合のポイントをご紹介します。人肌燗、ぬる燗はなんとなく聞いたことがあったり、漢字からもイメージしやすいですが、日向燗については初めて聞くという方も多いのでは。ここからは日本酒の知識をどんどん深めていきましょう♩

温度

先ほどご紹介した常温に比べると高めな日向燗・人肌燗・ぬる燗。目安の温度としては、日向燗が30℃、人肌燗が35℃、ぬる燗が40℃。

その名の通り、ポカポカと日差しが照る日の気温から日向燗、人の体温に近い人肌燗など、ネーミングにも風情を感じますね。 

適温の見極め方

日向燗・人肌燗・ぬる燗の見極め方は、常温と比べると意外と見極めがしやすいのです。日向燗なら熱いぬるいなど、温度を感じない程度、人肌燗はその名の通り、触って少し温かい程度、ぬる燗はやけどするほどではないが触れたところがじんわりと温かくなります。

特集

SPECIAL CONTENTS