コンスターチ&ゼラチンで簡単!ブランマンジェレシピ

本格的なブランマンジェは、時間も手間もかかります。今回は、アーモンドを使わなくてもできる。お手軽で失敗しないブランマンジェのレシピをご紹介しましょう。

1.なめらかブランマンジェ

お鍋もボウルも使わない、とてもお手軽なレシピです。あと片付けもとても楽チンですので、暑い夏にはありがたいですね。 マグカップを使って作りましょう。砂糖とコーンスターチだけ先に入れて混ぜます。こうすると、ダマになりにくく、なめらかに仕上がりますよ。牛乳も混ぜてレンジで加熱し、更にかき混ぜる。これを再度繰り返し、とろみが出たら冷蔵庫で冷やし固めて、ジャムとブルーベリーを添えてできあがり。 コーンスターチを使って、とろみがプラスされています。わざわざ材料を揃えなくても、お家にあるもので手作りスイーツを気軽に作れたら、うれしいですよね。

2.ブランマンジェの苺ソースかけ

手作りの冷凍いちごソースをトッピングする本格的なレシピです。生クリーム、牛乳、砂糖、コンスターチを火にかけ材料をとろみが出たら、粗熱をとり、器に入れ冷やし固めます。半解凍した冷凍いちご、砂糖などをブレンダーで混ぜて作ったソースをかけてできあがり。 このレシピもコーンスターチが大活躍。独特のプルンプルンの食感がたまりませんね。いちごを冷凍しておけば一年中作れますし、好みの甘さに加減もできるのも良いですね。ブルベリーソース、アプリコットソース、マンゴーソースなども同じ要領で作れ、いずれもとても合うので、食べ比べてみるのもおすすめです。

3.黒ゴマのブランマンジェ

黒ゴマの風味を移していただくブランマンジェは、香ばしくて絶品です。ひんやり大人のスイーツです。生クリーム、牛乳、グラニュー糖を火にかけ溶かし、黒ゴマペーストを混ぜこします。溶かしたゼラチンを加え、冷やしながらとろみが付くまで混ぜ、器に入れて冷やし固めてできあがり。 和風の素材をプラスして作っても、いろいろなアレンジができますね。きな粉入れたり、小豆を入れてたり、抹茶もとても美味しいです。美味しいだけでなく、体にもうれしい黒ゴマ。夏の疲れた肌にはもってこいのスイーツですね。
▼おいしいブランマンジェにもっと挑戦してみない?
今回はブランマンジェについてご説明しました。プリンのようなデザートといったざっくりとした印象だった方も多いのでは?同じ白くてぷるんとした見た目のババロアやパンナコッタとは、違うスイーツでしたね。 それぞれのスイーツに歴史や伝統があり、意味もあってなかなか奥の深いスイーツでした。作り方はいずれも簡単ですので、興味があればババロアやパンナコッタと合わせて作ってみて、よかったら食べ比べてみてはいかがでしょう。
▼似てる?いや違う!それぞれの特徴はこちら解説
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ