ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

パンナコッタとプリンの違い、説明できる?

パンナコッタもプリンもつるんとした食感で、両者とも甘党にはたまらないスイーツ。コンビニやスーパーに行けば、どちらも気軽に買うことができますね。ケーキほど重たくなく、カロリーも控えめな気がするパンナコッタやプリンは、デザートとしても人気です。 ところで、パンナコッタとプリンの違い、みなさんはきちんと説明できますか? 改めて問われると、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。今回は、意外と知らないパンナコッタとプリンの違いをはじめ、さまざまな疑問について調べてみました!

卵を使わないのが「パンナコッタ」

パンナコッタとは

「パンナ・コッタ(Panna cotta)」は、イタリア発祥の洋菓子です。パンナは「生クリーム」、コッタは「煮た」と言う意味を指します。主な材料は、生クリーム、牛乳、砂糖。これらを合わせて火にかけて混ぜ、ゼラチンで固めて作られます。 パンナコッタと言えば、生クリームや牛乳そのままの、真っ白な見た目が特徴ですね。プリンとの違いと言われて最初に浮かぶのが、この見た目の違いではないでしょうか。

プリンとは

プリンという言葉は和製英語であり、イギリス発祥の洋菓子、カスタードプディングのことを指します。主な材料は卵、牛乳、砂糖です。これらを混ぜ合わせ、蒸し器やオーブンで加熱し作られます。 プリンは、卵の"加熱すると固まる力"を利用して固めており、ゼラチンは使用しません。この調理法は、茶碗蒸しと同じです。卵を使うため、プリンの色は淡い黄色が一般的ですね。

味わいやカロリーに違いはある?

それぞれの味わい

パンナコッタは生クリームを使用しているので、濃厚でまったりとした味わいが特徴です。また、ゼラチンで固められているため、口の中でとろっと溶けていきます。 一方で、プリンは牛乳と卵の素朴でやさしい味が特徴的。近年では、生クリームを使用したトロリとなめらかなプリンも人気ですね。
Photos:4枚
透明な容器に入ったキャラメルソースのパンナコッタ2つ
青い模様の入ったお皿にのったプリンに、クリームやいちごが添えられている
透明な台にのせられた、リング状のババロア
ワックスペーパーが敷かれたお皿にのった、透明なカップのチョコレートムースと木製のスプーン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS