パンナコッタとプリンの違い、分かる? ババロアもそっくりで大混乱!

濃厚クリーミーでぷるぷるなスイーツ「パンナコッタ」。似たようなスイーツにプリンもありますが、このふたつの違いって分かりますか? 今回は、パンナコッタとプリン、さらにババロアやムースの違いをご紹介します。それぞれの基本レシピもまとめていますよ。

2019年4月5日 更新

パンナコッタとプリンの違い、説明できる?

パンナコッタもプリンもつるんとした食感で、両者とも甘党にはたまらないスイーツ。コンビニやスーパーに行けば、どちらも気軽に買うことができますね。ケーキほど重たくなく、カロリーも控えめな気がするパンナコッタやプリンは、デザートとしても人気です。

ところで、パンナコッタとプリンの違い、みなさんはきちんと説明できますか? 改めて問われると、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。今回は、意外と知らないパンナコッタとプリンの違いをはじめ、さまざまな疑問について調べてみました!

卵を使わないのが「パンナコッタ」

パンナコッタとは

「パンナ・コッタ(Panna cotta)」は、イタリア発祥の洋菓子です。パンナは「生クリーム」、コッタは「煮た」と言う意味を指します。主な材料は、生クリーム、牛乳、砂糖。これらを合わせて火にかけて混ぜ、ゼラチンで固めて作られます。

パンナコッタと言えば、生クリームや牛乳そのままの、真っ白な見た目が特徴ですね。プリンとの違いと言われて最初に浮かぶのが、この見た目の違いではないでしょうか。

プリンとは

プリンという言葉は和製英語であり、イギリス発祥の洋菓子、カスタードプディングのことを指します。主な材料は卵、牛乳、砂糖です。これらを混ぜ合わせ、蒸し器やオーブンで加熱し作られます。

プリンは、卵の"加熱すると固まる力"を利用して固めており、ゼラチンは使用しません。この調理法は、茶碗蒸しと同じです。卵を使うため、プリンの色は淡い黄色が一般的ですね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう