ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

岩手名物「盛岡冷麺」

岩手県名物「盛岡冷麺」を食べたことはありますか?見た目は韓国冷麺に似ていますが、韓国冷麺でなく盛岡冷麺です。同じ冷麺ですが、名前が違うのであれば味や具に違いがありそうですが、実際のところはどうなんでしょう?盛岡冷麺の特徴と共に韓国冷麺との違いについてもご紹介します。

盛岡冷麺とは

盛岡冷麺とは、岩手県盛岡市に伝わる名物麺料理。地元ではわんこそば、じゃじゃ麺と並ぶ三大麺として親しまれています。 盛岡冷麺の始まりは朝鮮半島出身の麺職人、青木輝人氏が日本で開業した「食道園」で提供したのが初だそう。朝鮮半島に伝わる咸興冷麺(かんこうれいめん)と、平壌冷麺(ぴょんやんれいめん)を合わせた創作麺料だと言われています。

どんな味?

お店や商品によって異なる場合はありますが、小麦粉に緑豆のデンプンが使われているものが多い盛岡冷麺は、表面がツルツルとしていて強いコシを感じるのが特徴です。スープは牛骨と鶏ガラを合わせたものが定番のよう。コクや旨味があり、冷たい状態でも十分においしく食べられます。 麺に添えられる果物も特徴のひとつ。盛岡冷麺にはりんごやスイカがのせられていることがあります。これはピリ辛の冷麺の辛味を緩和させる意味もあるようですよ。

韓国冷麺との違い

韓国冷麺の麺にはジャガイモやトウモロコシのデンプンの他、そば粉も使われ、盛岡冷麺と比べて細麺です。韓国冷麺の黒がかった色は、そば粉を使っているためなんですね。 スープも盛岡冷麺が牛骨を使っているのに対して、韓国冷麺は大根の水漬け汁をベースにしているものが多いそう。具は野菜のナムルが定番です。

盛岡冷麺のおすすめ店

盛岡に行く機会があれば、ぜひ本場の盛岡冷麺を味わってみてください。盛岡で必ず立ち寄りたい名店をご紹介します。

ぴょんぴょん舎

本場岩手で盛岡冷麺を楽しみたいならぴょんぴょん舎がおすすめです。観光客のみならず、地元の人からも親しまれている、盛岡冷麺の有名店です。店内は開放感のあり、オブジェ使いでおしゃれな空間です。
すっきりとしたスープが人気の盛岡冷麺。スイカもちゃんと入っています。コシのあるおいしい冷麺はもちろんですが、焼肉や、じゃじゃ麺、その他の料理もおいしく食べられる人気店。
店舗情報 ■店舗名:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店 ■最寄駅:青山駅から1,904m、自動車の利用がおすすめです。 ■住所:岩手県盛岡市稲荷町12-5 ■電話番号:019-646-0541 ■営業時間:11:00~23:30(L.O.22:30)、ランチ営業、日曜営業 ■定休日:年中無休 ■参考URL:https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000008/ ■公式HP:http://www.pyonpyonsya.co.jp
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS