脂質

ハラミ100gあたり、脂質を30.8g含んでいます。脂質は主に身体を動かすために必要な栄養素です。炭水化物やたんぱく質は、1gあたり4kcalのエネルギーを作り出すのに対して、脂質は1gあたり9kcalものエネルギーを作り出せるので、非常に効率のいいエネルギー源と言えます。

ほかにも、皮下脂肪として体温を保ったり、ビタミンAをはじめとした脂溶性ビタミンの吸収を促進したりする作用がありますよ。とても大切な栄養素ですが、脂質の摂りすぎは肥満につながるので注意しましょう。(※1,6,7)

ハラミ100gあたり、鉄を3.3mg含んでいます。鉄は赤血球のヘモグロビンに存在しており、酸素の供給に関わる栄養素です。

鉄は動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含まれる非ヘム鉄に分けられます。ヘム鉄は非ヘム鉄と比べると吸収率が高いのが特徴です。動物性食品であるハラミに含まれる鉄はヘム鉄なので、体内に吸収されやすいですよ。(※1,8)

ビタミンB12

ハラミ100gあたり、ビタミンB12を4.4μg含んでいます。ビタミンB12はたんぱく質の合成や、アミノ酸・脂肪酸の代謝をサポートするほか、葉酸と連携して骨髄で赤血球を生成するはたらきがあります。主に動物性食品や藻類に多く含まれてますよ。(※1,9)

ビタミンE

ハラミ100gあたり、ビタミンEを0.8mg含んでいます。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞の酸化を抑えることから、老化対策に有用な栄養素です。

ほかにも、ビタミンEは赤血球が壊れないようにしたり、血中LDLコレステロールの酸化を抑制したりする作用がありますよ。(※1,10)

サガリとの違い

サガリとは

ハラミと同じく人気部位のサガリですが、こちらもどの部位か知らない方が多いのではないでしょうか?

サガリはハラミと同じ横隔膜の一部で、肋骨付近の分厚い部位です。ハラミは横隔膜のなかでも薄い部分を指します。サガリのほうが脂の量が少ない分、ハラミよりさっぱりとした味わいが特徴です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ