マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

世界一マヨネーズを消費する国ってどこだと思いますか?意外や意外、それはロシアだったんです!でも全然マヨネーズのイメージってないですよね。なんでもロシアの気候が関係しているんだとか。そこで今回は、世界一のマヨネーズ国家の全貌をご紹介します!

マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

ロシア料理というと、ボルシチやビーフ・ストロガノフ、ピロシキなどは結構知られていますよね。
マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

ボルシチ

マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

ピロシキ

マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

ビーフストロガノフ

他方、ロシアにはマヨネーズを使った料理がたくさんあることをご存知ですか?

というのも、ロシアは世界一のマヨネーズ消費国なのだそう!
1位 ロシア 5.1kg
2位 リトアニア 4.3kg
3位 ウクライナ 3.7kg

(中略)

でも1位はロシア!!

寒い地域だから脂肪分をたくさん摂るのかな?

「ゴミでもマヨネーズをかければ食べられる」ってことわざもあるらしいです。笑

出典: sekai1dayo.blog.fc2.com

ちなみに消費量の多そうな日本の順位は、19位(1.5kg)だそうです。意外にもマヨネーズ大好きな体格の方がたくさんいるアメリカはランクインしてないんですね。
◆ そんなマヨネーズ大量消費の国・ロシアの料理の特徴……
ロシアといえば食べ物にも特徴がある。ロシア料理で驚くことは、マヨネーズの多さ。新年の「オリヴィエ」サラダ、「外套を着たニシン」、その他のサラダなど、何にでもマヨネーズが使われる。またマヨネーズをつけて肉をオーブンで焼く。そしてこれはとても人気がある。世界では一般的に、マヨネーズは冷たい料理のソースで、熱を加えると質が損なわれると考えられている。

出典: jp.rbth.com

マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

オリヴィエサラダ

マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情

外套を着たニシン(シューバコートを着たニシン)

あまりのマヨネーズ好きのために、

「マヨネーズをかければゴミでも食べられる」「マヨネーズをかけないのは紅茶だけ」

というジョークもあるのだとか。もうホント大好きですねw

ロシアのマヨネース消費量が多いワケ

でも、どうしてロシアだけこんなにマヨネーズの消費量が多いのでしょう?なんでも、ロシアの極寒の気候が関係しているのだとか。
ロシアは最低気温が-20度まで下がるほどの極寒の国。
その為、カロリーの消費が激しいのでそれを補うほどの高カロリーのものを
摂取しなければならないからです。

マヨネーズは打って付けの食べ物という訳なんですね。

ロシアの家庭では料理1品にマヨネーズを1本近く使うそうです。
1本ですよ。
ヘタしたら日本では1本を1年近くかかって消費する人もいるでしょう。
この違い、驚きです。

出典: hotnews-trend987.blog.so-net.ne.jp

世界で一番寒い村なんかも
定住地における「世界で一番寒い村」がある場所は、ロシア東シベリアにあるオイミャコンです。世界最低気温(-71.2℃)の記録はギネスにも認定されています。

さまざまな気候要因が重なるオイミャコンの村は「寒極」と呼ばれ、冷凍庫はもちろん、北極やエベレスト山頂よりも気温が低いといいます。

出典: entermeus.com

特集

SPECIAL CONTENTS