【検証動画】りんごがiPadの充電器代わりに!? 気になる使い方とは

「アップル製品をリアルのアップルで充電する」なんてくだらない冗談だと思っていませんか?用意するのは、りんごと充電ケーブル、充電したいアップル製品のみ。今回ご紹介する動画をご覧になれば、あなたの固定観念も取り払われるはずですよ!

りんごでiPadを充電できる!?

みなさん『iPhone』や『iPad』などのアップル製品をご存知ですよね。そんな人気なアップル製品の充電方法は、電源に繋げる方法だと思っていませんか?なんとアップルだけに、本物のアップル「りんご」にケーブルを繋げるだけで、アップル製品が充電できるのです!

信じられないとは思いますが、今回は動画と一緒に充電できるか検証していきたいと思います。さっそくご覧ください!

充電器としての使い方とは?

それでは衝撃の一部始終をご覧下さい。
どこにでも売っている普通のりんご。
ケーブルが刺さりやすいように、事前に差し込み口を作っておきます。
差し込み口にケーブルをそのまま差し込みます。
「ついてくれよ」と念じつつりんごを優しくトントン。
そして、iPad側の差し込み口にケーブルを差したら……
あれ……?
反応アリ!充電画面に!
いかがでしたか?心憎い演出でユーザーを楽しませてくれるあたりは、さすが天下のアップルといったところでしょうか。アップル恐るべし!

りんごで充電ができる理由とは?

野菜やくだものに含まれるリン酸が天然電解質として働くためだと言われています。果物の種類にもよりますが、クエン酸やリンゴ酸、乳酸などが含まれており、電解質溶液として利用できるそうです。

ただし、くだものを使った充電方法は電力がかなり低いため、充電できる確証はございません。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

あれすーぱ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう