世界の給食いただきます!!外国の給食がどんな感じか知りたい人集合♫

日本だけでなく、世界にももちろん学校給食制度はあります。しかし、その内容は、やはりその国ごとに個性の表れた内容です。世界の子ども達が一体どんな給食を食べているのか、気になった方どうぞご覧下さい!!

地平線の向こうでも「いただきます」

皆が子どものころにお世話になった給食。良い思い出も悪い思い出もいっぱいあると思います。僕も当時は余った揚げパンを何人かで争ったもんです…

そんな学校給食制度ですが、もちろん日本だけのものではありません。アメリカでは1930年から、ドイツのミュンヘンではなんと1796年から始まったとされています。

そんな世界の給食が、どんな感じなのか気になった方のためのご紹介です。

アメリカ合衆国

牛乳!ポテト!チキン!というなんともアメリカらしい給食です。

栄養のバランスとかはあんまり考えてない感じですね。

ブラジル

豆や野菜、果物など打って変わってバランスのいいメニューです。

パンとご飯(クスクスかも)が両方あるのがお国柄って感じがします。

チリ

こちらもバランスのいいメニューです。

南米の人は野菜を食べないイメージだったんですが、そうでもないんですね。

中国

麻婆的な料理やチンゲンサイっぽいものなど、給食も立派に「中華料理」してます。

シンガポール

給食にも多民族国家っぽさが出ています。

ただ、プレートに乗っているもののバランスは良さそうです。

スロヴァキア

東欧の国「スロヴァキア」。

かなりシンプルですが、肉、野菜、果物、パンと、一応のバランスはいいですね。

フィリピン

特集

SPECIAL CONTENTS