和食の基本「一汁三菜」とは?定番レシピ&正しい献立の手引き

和食の基本といわれる一汁三菜とは?献立を決める際の目安になる一汁三菜ですが、具体的な内容をご存じですか?ご飯、汁物、副菜、それぞれの料理や並べ方まで、日本人なら覚えておきたい一汁三菜の基本をご紹介。それぞれのレシピも参考にしてくださいね。

一汁三菜とは

一汁三菜、一度は聞いたことありますよね。汁物ひとつに、おかずが3つあるものと、簡単なイメージを持っているかもしれませんが、本来の一汁三菜は、ご飯と汁物と漬物に加えて、生魚を使用したなます、焼物、煮物の3つのおかずが付く献立だと言われています。人をもてなす時に、多くの料理をコースのように出す方法からきているんだそう。

現代では焼物や煮物に関わらず、ご飯、汁物、メインのおかずに副菜2品の献立を一汁三菜と呼ぶ印象が強いでしょう。

一汁三菜のいいところって何?

一汁三菜の最大の長所は、いろいろなもの少しずつ摂れる内容。ごはん、汁物、おかずの3品の組み合わせで、穀類、野菜、肉、魚などのタンパク質をバランスよく意識できます。一汁三菜と具体的な数字を用いて示すことで、意識もしやすくなりますよね。

一汁三菜の献立の決め方

1. 【主菜】たんぱく質の取れるメインを決める

メインとなるおかずは肉や魚、たまご、豆腐などのタンパク質を中心にした献立を考えます。主菜になるメインのおかずはひと皿のみです。配膳全体の中でもっとも目につくくらいのボリュームがあるものがよいでしょう。

例えば旬の魚を1尾使った焼き魚や、煮つけ。夕食には豪華な印象のする肉類にするというのもよいでしょう。カロリーを気にする方は、お豆腐や大豆などでタンパク質を補った野菜の多いメニューにするのもよいと思いますよ。

2. 【副菜】残り2つのおかずは野菜を中心に

残りのおかずは、野菜を中心にした料理を用意します。例えばほうれん草のおひたしや、ひじきを使った煮物など。量は小鉢に添える程度がちょうどよいですよ。豆や海藻類を使ったものもおすすめ。時間の無い時は、生野菜を合わせたサラダも副菜のひとつになります。

3. 素材がかぶらないようにする

一汁三菜を考える時、3種類のおかずの食材や調理法は、かぶらないようにした方がよいです。

例えば焼き物メインにした場合は、副菜には焼き物や炒め物よりも和え物や蒸し物を選ぶとよいでしょう。また、副菜のひとつを大豆を使った煮物にした場合には、もうひとつの副菜の素材に豆腐を選ぶと、同じ大豆同士になりますので海藻類や別の野菜を選ぶとよいですよ。

一汁三菜の置き方

一汁三菜の基本の配膳の位置は、主食を手前左、お味噌汁などの汁物は手前右にします。右奥に主菜となるおかず、左奥に煮物などの副菜、奥中央にあえ物などの副々菜を配膳します。もし、漬物(香のもの)がある場合、漬物は一汁三菜に含まれません。もし漬物を添えたい場合には、ご飯と汁物の間におきましょう。

ちなみに和食は、ご飯が左でお味噌汁が右に置くのが基本。諸説あるようですが、配膳の位置も、左側に重要なものを配置する「左上位」の考え方からきていると言われています。

ちなみに、お茶などの飲み物は、主菜のさらに右に置くとよいようですよ。

一汁三菜の食べ方

三角食べをする

三食食べとは、配膳されたそれぞれの料理に三角を描くようにお箸をつけて食べる食べ方。主菜、副菜の間に汁物やご飯を挟みます。胃腸に負担をかけない、早食いの防止などの意味がふくまれています。

汁物から食べ始める

一汁三菜の食べ方の順番は、汁物を一番はじめに食べるとよいとされています。箸を湿らせてから食べ始めることで汚れにくくしてくれます。
▼ご飯とお味噌汁の位置の理由がよくわかります!

特集

SPECIAL CONTENTS