日本人は混乱しそう…!大根は英語でなんていう?

身近な野菜、大根。みなさんは大根を英語で何というか知っていますか?海外で大根というと、日本でおなじみの白い大根ではないんです。では、海外の人に伝えるには、大根は英語で何と言えばいいのでしょうか?外国の大根と日本の大根の違いも分かりますよ。

大根って英語で何ていう?

りんごはapple(アップル)、にんじんはcarrot(キャロット)、誰かに聞かなくても皆さんなんとなくご存知ですよね?でもそういえば、大根って英語でなんて言うか知っていますか?意外と英単語が思い浮かばないのではないでしょうか。それもそのはず、白くて太くて長い、私たちになじみのある大根は、日本特有のものなんです。

野菜は同じ種類でもm国によって違いが多いもの。同じ大根と言葉で言っても、色や形など随分と違ったりします。日本の野菜を他の国の言葉で言い換えようと思ってもなかなかうまくいかない時もあります。

大根も国によって言い方の違う野菜のひとつです。日本の大根は英語で何というのかご説明しましょう!

英語でradish(ラディッシュ)

海外の大根

英語で大根はradish(ラディッシュ)と言います。しかし、ラディッシュといえば、赤くて丸いカブのようなものですよね。白くて太い大根とは違いますが、海外でなじみのある大根といえば、ラディッシュなのです。

語源

ラディッシュの語源は「根」を意味するラテン語「radix(ラディクス)」。「radix」は英語の根や根菜類を表す「a root(ア ルート)」とほぼ同じ意味です。語源が同じ英単語には、根こそぎにするといった意味の「deracinate(デラシネイト)」なもあるようです。

日本の大根を英語で言うと

Japanese white radish(ジャバニーズ ホワイト ラディッシュ)

私たちの生活に馴染み深い白くて太長いあの「大根」は、英語では「Japanese white radish(ジャパニーズ ホワイト ラディッシュ)」と言います。

ジャパニーズとホワイトがつくことによって、海外のラディッシュとは異なることを明らかにしていますね。

またはDaikon(ダイコン)

もしくは、そのまま「Daikon(ダイコン)」と言っても伝わることが多いようです。日本のものは、日本語がそのまま英語として使われることも多いですよね。たとえば「Sushi(スシ)」や「Tempra(テンプラ)」などは有名ですね。

もし、「Daikon」と伝えて伝わらない場合には、「Daikon is Japanese white radish」(大根は、日本のラディッシュです)と一言添えるだけで、伝わるはずですよ。

「R」の発音

大根を英語でいう際に難しいのが「R」の発音です。日本人には発音し辛いと言われている「R」の発音がうまくできないと、「radish(ラディッシュ)」と言ったとしても伝わりません。

カタカナ読みで「ラディッシュ」と発音した場合、海外の方には「La dish」と聞こえる可能性がります。「dish(=大皿や料理の意味)」の話?と、捉えられかねないので、発音は丁寧にしましょう。

ちなみにHorseradish(ホースラディッシュ)とは

「radish(ラディッシュ)」のつく英単語に「horseradish(ホースラディッシュ)」がありますが、これは何を指す言葉かご存知ですか?「horseradish(ホースラディッシュ)」は、西洋ワサビのことを言います。

日本語で大根とワサビと言うとまったく別のものですが、英語では同じ「radish(ラディッシュ)」で表現されますね。確かに「根っこ」と考えてみれば分かるような気もします。ちなみに「horse」は野生の意味もあるそうで、ごつごつしたワサビの見た目から「horseradish(ホースラディッシュ)」と、呼ばれるようになったとも言われています。

カブもラディッシュ?

ところで、ラディッシュと言うと、丸くて小さい赤いカブのような野菜を思い浮かべ流と思います。似た形の少し大きめの白いカブもラディッシュと呼ぶのでしょうか。

英語ではカブは「Turnip(ターニップ)」と言います。radishは赤くて丸い、turnipは白っぽく大きめという見た目の違いから、この二つの単語を知っていますと、大根のことをradishと言うのはなんとなく違和感があるかもしれません。種類としては、大根はあくまでradishでカブのturnipとは別のものなのです。

ちなみに、カブはアブラナ科アブラナ属に属し、白菜やカラシナに近い野菜なのです。

特集

SPECIAL CONTENTS