4. サンドイッチの具材に

カルディの生ハムは、サンドイッチにも最適です。お好みのパン(ライ麦食パンなどでも可)に、スライスチーズ、リーフレタス、生ハム、マヨネーズをのせ、挟んで切るだけというお手軽さ。ピクニックやアウトドアの際に、持っていくのもおすすめですよ。

5. 生ハムのせクリームパスタ

コスパ抜群の生ハムを使えば、いつものパスタがこんな贅沢仕様に。クリームソースは生クリームで作りましょう。パセリをのせることでこってりしすぎないのでぜひお試しを!生ハムはパスタと一緒に混ぜるのではなく、盛り付けたあとにトッピングするのがポイントです。

6. ピザの仕上げに

ホームベーカリーで作った生地をのばし、ピザソースを塗ったらお好みの具をたくさん盛り付けます。焼きあがったあと、仕上げにカルディの生ハムをのせればできあがり。ホームベーカリーがない場合は、市販のピザ生地を使ってもOKです。

パーティー料理にはもちろん、休日のおうちランチにももってこいのレシピです。

7. なんちゃってマグロの漬け寿司

※画像はイメージです
見た目はどう見てもマグロのお寿司……ですが、実はこれ、生ハムなんです。味付けはマグロと同じように、醤油とみりんで。 「洋」のイメージが強い生ハムですが、こんな和風アレンジもできるんですね。おもてなし料理のひとつとしてテーブルに出せば、「これが生ハム!?」と、みんなで盛り上がること間違いなしです!

8. 生ハムいちごマスカルポーネ

冬から春にかけて、ぴったりのおつまみがこちら。大きめのいちごを使った「生ハムいちご」です。こちらではマスカルポーネチーズも使い、赤×ピンク×白のコントラストがとっても綺麗ですね!
生ハムと合わせるフルーツといえば、メロンを思い浮かべる方も多いと思いますが、いちごとも相性がいいんです!「生ハムいちご」について、下記のmacaroni記事もぜひ参考にしてみてくださいね▼

カルディの生ハムは冷凍保存がおすすめ

カルディの生ハムは、販売時には冷蔵の状態です。パックを開けない状態だと大体1~2週間ほど保存できるのですが、もし使いきるのがむずかしいようでしたら、冷凍保存がおすすめです。

生ハムのパックを開け、1枚ずつラップに包みましょう。小さいものは、まとめてでもOK。その後、密閉できる袋に入れて冷凍庫へ。こうすることで、冷蔵よりも長い期間保存することができます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ