ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

カルディの調味料おすすめ13選

Photo by muccinpurin

国内外の珍しい食品や話題の商品を取り扱っているカルディ。調味料のラインアップが豊富なことでも知られています。なかには、メディアに紹介された途端に売り切れになってしまう人気商品も。この記事では、おすすめの東南アジアや中東など海外の調味料と、日本生まれの調味料をあわせて13選ご紹介します。

世界の調味料おすすめ6選

1. ハリッサ

Photo by muccinpurin

価格:415円(税込)
「ギルティなおいしさ」とSNSでがやみつきになるという「ハリッサ」。中東の調味料で、唐辛子ペーストに、パプリカやにんにく、玉ねぎなどの香味野菜が入っています。クミンやコリアンダーなどのスパイスも使われていて、瓶を開けた瞬間に広がるエキゾチックな香りが特徴。

真っ赤な見た目ですが、辛さはマイルドです。SNSでも「万人受けする味でちょうどいい」とのコメントがアップされていますよ。

Photo by muccinpurin

唐辛子とスパイスのぴりっとした辛みは、やさしい味の食材と好相性。ふかしたじゃがいもにトッピングすれば、簡単おつまみのできあがりです。冷奴や生野菜に添えるのもおすすめ。カルディ公式HPのレビューでは「コチュジャンと混ぜるとよい」「餃子に合う」などさまざまなアレンジがアップされていますよ。

商品情報

内容量:110g
カロリー:155kcal/100gあたり

2. サテトム

Photo by muccinpurin

価格:298円(税込)
「サテトム」は、ベトナム風のラー油と呼ばれる調味料。レモングラスとえびがメインに使われているのが特徴です。ほかにもヌクマムや赤唐辛子、乾燥えびなど旨みや香りの強い食材を組み合わせていて、SNSでは「東南アジアを思い出す」とのコメントがあるほど。

Photo by muccinpurin

ベトナム料理定番、フォーにちょい足しするとレモングラスの香りが爽やかに広がります。乾燥えびの食感が楽しく、唐辛子の辛さも食欲を刺激しますよ。スプーン1杯程度加えるだけで、一気に本場の味に近づくのがうれしいポイント。

ほかにも、チャーハンや炒めものの味付けに使ってもおいしいですよ。味変を楽しみたいときにいかがでしょうか?

商品情報

内容量:100g
カロリー:591kcal/100gあたり

3. タヒン クラシコシーズニングスパイス

Photo by muccinpurin

価格:861円(税込)
「即買い!」「買い占める!」と入手困難なことがSNSで発信されている「タヒン クラシコシーズニングスパイス」。メキシコ生まれの調味料で、現地ではもっとも有名な調味料とされているんですよ。チリペッパー、食塩、乾燥ライムジュース、クエン酸などが入っていて、激辛ではなく旨辛。さらにしょっぱさと酸っぱさもプラスされて、日本の調味料にはない味がクセになります。

Photo by muccinpurin

おすすめのアレンジ方法は、バニラアイスとのコラボ。ライムの酸味でさっぱり、地理パウダーがスパイシーと複雑な味わいが口いっぱいに広がります。メキシコでは、マンゴーやパイナップルにかける食べ方も定番だそう。いつものデザートをアレンジしたいときに試してみてはいかがでしょうか?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ