食卓に開花宣言!華やかな「桜パン」でお花見気分を味わおう♩

お花見シーズンに先立ち、いまインスタでは桜モチーフのパンが続々と投稿されています。どれも春らしくてかわいいので、パンを焼くのが好きならきっとマネしたくなるはず。ここでは桜パンのかんたんな作り方や、いろいろなアレンジ方法をご紹介しますね。

2018年11月29日 更新

春を感じる桜パンがインスタで話題に!

少しづつ暖かい日が増え、春を感じられる季節になってきました。季節感あふれる桜の形をしたパンや、桜の塩漬けをあしらった「桜パン」を作る人も急増中です。

春のらしいこの桜パンは、インスタでも話題。SNSでハッシュタグ「#桜パン」を検索すると、華やかな桜パンがたくさん投稿されていて、見ているだけでもウキウキしてきますよ。

どんなかわいい桜パンがあるのか、パン作り初心者でも焼ける桜パンの作り方やアレンジ方法も含めて、じっくり見ていきましょう。

ふっくらかわいい桜パン

桜パンといっても、桜の花びらをかたどったものや本物の桜が入ったものなど、いろいろな種類があります。どれもとっても春らしいピンク色が使われていて、胸キュンなかわいらしさ。桜もちのような甘い香りや塩気を楽しめ、桜好きにはたまりません。
「桜パン作っていると楽しい」「いい気分転換になる」「人にあげる分も作ればよかった」など、桜パンは食べるだけでなく、作るのも十分楽しめるようです。
「かわいい!」「きれい!」「おいしそう」「作ってみたい」「マネさせて」など、投稿されている桜パンの画像を見て、感激するコメントもたくさん。こんなに素敵な桜パンの画像をみていると、思わず桜パン作りにチャレンジしたくなっちゃいます。

桜パンの作り方

水で塩抜きして刻んだ桜の花入りのパン生地を広げ、ローストしたくるみを中央にのせて包みます。くるみを全体に行きわたらせるように、よくもみ込んで発酵させましょう。

5等分して丸め、10分ほど休ませたら、生地の両端にスケッパーで1cmと4cmほどの切込みを入れ、長い方の切込みが外側になるように鍋の中にまるく並べて。

鍋のフタをして、1.5倍の大きさになるまで2次発酵。生地の表面に飾り用の桜の花をのせて上新粉をふり、190℃のオーブンで約40分焼けば完成です。

桜パンのアレンジレシピも♩

1. 桜のちぎりパン

こちらは、やさしいピンク色でかわいらしい桜ちぎりパン。表面にいちごグレーズがかかっていて、ドーナッツのようですね。「さわやかなピンクで春らしい」とのコメントもありましたが、ほんとうにその通りですね。

2. 桜の葉を巻いて桜餅風に

桜の葉の塩漬けが巻かれていて、まるで桜もちのような桜パンもあります。和菓子のような見た目の、新感覚な桜パンです。

3. 桜の丸パン

シンプルなお食事系の丸パンも、桜の花の塩漬けを添えるとおしゃれ。「桜の花の塩気がアクセントになってる」とのことで、素朴なおいしさを味わえそうです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう