衣のパン粉は細かいものを使おう

より油をしっかりと切りたいなら、衣に注目するのも一つの手なのですよ。パン粉を衣に使う場合は、粒が細かいほど油を吸収しにくいんですよ。串カツ屋さんなど、よく見てみると細かいパン粉を使っているお店も少なくないんですよ。ちょっとしたプロの技を、自宅でも使ってみることで、お店のようなカラッとした揚げ物ができるなんて試してみる価値ありですね。

温度の高い場所で油切りをしよう

調理方法にも実は油切りのコツがあるんです!揚げ物を油から上げる時に数秒高温にすると油切りが良くなり、カリッと揚がります!揚げ物は冷めてゆくのが早いと、衣に油が残りやすいのだそうです。油から出す寸前に温度を上げておくという事ですね。 また、油から上げた後も温度が高い状態でキッチンペーパーなどで油を取ると、よりしっかりと油を切ることができます。鍋のフチにひっかけるタイプの網状のものを利用したり、それがなくても、隣で鍋に湯を沸かしておき、その上にバットをおいて揚げ物を乗せておく、なんて技もあります。上がった後すぐに冷房のかかった部屋に移動させるのは避けた方がよいですね。

用途に合わせて上手に代用しよう

キッチンペーパーは様々な用途があり、とても便利なキッチンアイテムという事が再確認できましたね。簡単に使えて、使い捨てなので洗う手間いらず、いつも新しい清潔なものを使えるというメリットも。ですが、もし予備を切らしてしまった時はご紹介した様々な代用品を上手に活用してくださいね。 代用できるものの中には、古紙や古布など不要になったものもあります。キッチンペーパーを切らした際だけでなく普段から、こういったものを使えるように準備しておけば、節約にもエコにもなりますね。とっても便利なキッチンペーパーですが、これも貴重な資源です。代用で無駄を少しでも減らすことができればよいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ