注文殺到!持ってるだけで自慢できる「最新キッチン家電」おすすめ10選

キッチン家電の目覚ましい進化には、目をみはるばかりです。直火炊きのようにおいしく炊ける炊飯器や、バリスタがいれてくれたような味のコーヒーメーカーなど思わず感心してしまう商品がたくさん。どんな最新家電があるのか、ぜひチェックしてみてください!

今注目のキッチンの最新家電

キッチン家電は年々進化していて、目を見張るものがあります。夢のような機能を備えたものや、これまでなかった全く新しいタイプのものまで、想像もしていなかったような新商品が続々登場。見たらきっと欲しくなちゃう、優れものばかりですよ。

さっそく、いま注目の最新キッチン家電をご紹介しますね。

1. バルミューダ「バルミューダ ザ・ゴハン」

「バルミューダ ザ・ゴハン」は、直火で炊くかまどや土鍋に対して約3分の1のエネルギーしかない電気で、いかにおいしく炊くかという発想で開発された蒸気炊飯器。抜けるような香りを楽しめる、プロ仕様のごはんに炊き上げることができます。

釜を二重にして蒸気の力だけで炊き上げる炊飯方式を開発し、おいしさを追及したため、あえて保温機能は付けないというこだわりよう。3合まで炊くことができます。
「デザインに惹かれて購入」「粒々していて、初めての食感!」「水を多くしてやわらかめに炊いていますがべちゃっとせずおいしい」など、実際に使った人の感想をみると、大満足しているようすです。
【仕様】
■サイズ:(約)幅27.5×奥行25.1×高さ19.4cm、コード長:約1.2m
■容量:0.5~3合
■重量:約4.0kg
■カラー:ブラック、ホワイト
■備考:外ガマの内側に200ccの水を入れて使用
■価格:41,500円(税別)

2. ティファール「アプレシアAGプラスコントロール」

大人気のティファール電気ケトルの中でも、売上No.1の人気シリーズ「アプレシア」は、軽量で抗菌仕様、転倒お湯もれロック付きであることが特徴。

新登場した「アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L」はさらに、「7段階の温度設定」という温度コントロール機能を搭載しています。

コーヒー、緑茶、紅茶、中国茶など、それぞれのおいしさを引き出す「7段階の温度設定」で60分間キープすることができ、2杯目もおいしくいれることが可能です。自動電源オフや空だき防止機能など、安心の機能も。
「子どもがいるので、横転時でもこぼれにくいのは安心」「忘れっぽいので、自動電源オフで消し忘れがなくていい」「お湯が沸くのが非常に早い」など、購入した人の口コミも大好評です。

一方、「一人用で終わっちゃう」「もっと大容量がほしい」など、大型タイプを希望する声も。
【仕様】
■サイズ:210×160×200mm
■容量:0.8L
■重量:982g(電源プレートを含む)
■カラー:オニキスブラック / パールホワイト
■備考:電気代 約0.52円(カップ1杯・140ml)
■価格:11,500円
▼Amazonで購入できます

3. 無印良品「コーヒーメーカー」

こちらの無印の新商品は、「ガイアの夜明け」でも紹介された、プロのハンドドリップを再現したコーヒーメーカーです。なんと予約前に完売してしまうほど、話題の商品なんですよ!

味と香りを追求した、豆を一定の大きさに挽けるフラットカッターミルはタイマー付き。忙しい朝でも挽きたての豆で淹れた、バリスタも納得のコーヒーが自動でできあがります。

挽き目が5段階で調整できるのも魅力です。使い方はシンプルで、お好みのコーヒー豆と、フィルター、水をセットしたら、ドリップボタンでスタートするだけ。
「毎朝ひき立てのコーヒーが飲めるなんて幸せ」「プロのハンドドリップを再現、という点にひかれて買いました」「バリスタのいれてくれるコーヒーの味」など、口コミでも評判ですが、現在は予約終了しています。

予約の再開も予定されているそうですが、具体的な日程は未定です。こまめに公式ホームページをチェックしてみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう