100均でカラフルにDIY♪「タイルコースター」でワンランク上のおもてなし

100均のアイテムを使って作る、タイルコースターが人気です。タイルコースターを手作りするためのキットを販売しているところもありますし、記事内では簡単な作り方もご紹介していますよ。食卓に彩りを添えたいあなた、必見です!

タイルコースターで食卓をカラフルに♩

いま、DIYを楽しむ女性が急増していますよね。100均で販売されているものなどを利用し、自分だけのオリジナルアイテムを作って、インスタなどのSNSに載せている方もたくさんいらっしゃいます。

今回ご紹介するのは「タイルコースター」。100均をはじめとする雑貨屋さんで販売されているタイルを使って、コースターを簡単に手作りしてみましょう。リーズナブルに材料を集めることができるので、DIY初心者でも気軽に始められますよ。

タイルコースターの作り方

用意するもの

まず、タイルコースターの基本的な作り方を見ていきましょう。用意するものは以下の通り。

・コルクや木のコースター
・お好みのタイル(1cm角や2cm角のもの)
・木工用ボンド
・へら
・タイル目地材(タイルを埋めるときに使う)

土台となるコースターやタイル、ボンドなど、材料はほとんど100均にて販売されているので、お近くの店舗でチェックしてみてくださいね!

下準備

材料を用意したあとは、デザインを決めていきましょう。下地となるコースターの上にガラスを実際に並べてみると決めやすいかと思います。同系色ばかりのタイルを使ってもいいですし、カラフルにいろんなカラーを使ってもおしゃれですよね。

作り方

今回は、目地材を使った基本の作り方をご紹介します。目地材を使うことにより、仕上がりがとってもきれいになるので、DIY初心者の方におすすめですよ。

1.タイルの裏側にボンドを軽くつけ、コースターにくっつけます。ボンドが乾くまでには少し時間がかかるので、多少ずれてしまってもすぐに直せばOK。デザイン通りにタイルをすべてくっつけたら、ボンドを乾かしましょう。

2.タイル目地材を水で溶き、ガラスを付けたコースターにのせていきましょう。このとき、隙間だけを埋めるのではなく全体に塗るのがコツです。

3.塗り終わったら15分~20分ほど放置し、水を含ませたスポンジやガーゼなどでタイルについた目地材をふき取りましょう。こまかい部分は、綿棒などを使うときれいに取り除けますよ。

4.ガラスタイルをきれいにしたら、あとはしっかりとタイル目地材を乾かしましょう。目安としては半日~1日ほどです。

もっと簡単に作るには?

タイル目地材を使うと、どうしても乾かす時間が長くなってしまいます。もっと簡単に仕上げたい!短時間で作りたい!というときには、ボンドだけを使う方法もあります。

作り方は上記でご紹介した方法と同じく、コースターの上にガラスタイルを並べていくだけ……なのですが、ボンドをしっかりつけておくのがポイントです。はみだしてもいいように、乾くと透明になるボンドを使うと良いでしょう。

おしゃれに見える貼り方のアイデア

敷き詰めてみる

大きさの違うガラスタイルを、規則的に並べていきましょう。右上のものはオレンジと黄色というビタミンカラーを使っているので、夏にもぴったりです。左下のものは、3色使いでカラフルに。カラーの並べ方を変えるだけでも印象が変わるので、いろいろ試してみたくなりますね。

間を開けてみる

丸いコースターにはぎっちりとタイルを並べるよりも、このように間を開けてくっつけ、タイル目地材で仕上げるときれいですよね。かわいいデザインが好きな方は、この写真のように小さめのガラスタイルだけを並べて敷くことをおすすめします。

カラフルに配置してみる

たくさんのカラーを使うことで、こんなに素敵なコースターに仕上げることができるんです。市販のタイルコースターにはなかなかない、多色使いのコースターを作ることができるのも、DIYの魅力ですね。

みんなのタイルコースターアイデア8選

特集

SPECIAL CONTENTS