ダイエット中に!オートミールクッキーの基本&人気レシピ10選

オートミールをクッキーの材料に使うことで、小麦粉だけのクッキーよりも栄養豊富に仕上げることができます。この記事ではオートミールがなぜダイエット中におすすめなのかをお話しするとともに、オートミールクッキーの基本レシピや人気のアレンジレシピもまとめてみました!

2019年10月17日 更新

ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

「オートミールクッキー」って何?

オートミールクッキーとは、名前の通りオートミールを使用したクッキーのこと。オートミールは燕麦(えんばく)を原料としたシリアルの一種で、玄米や全粒粉と同じように精白されていない食材です。その分栄養価が高いとされています。 聞きなじみのある人が多いであろう「グラノーラ」は、このオートミールをシロップなどで食べやすく加工した食品なんですよ。

オートミールクッキーのカロリー

使う食材や調理法によって大きく変わってきますが、オートミールクッキー1枚(約15g)あたりのカロリーは77kcalほど。通常のクッキーは1枚(約10g)で52kcalほどなので、そこまで低カロリーという印象は受けない数値ですね。(※1,2) では、なぜダイエット中のおやつにオートミールクッキーがいいと言われているのでしょうか。

オートミールがダイエットにおすすめの理由

たんぱく質、食物繊維が豊富

オートミールクッキーと通常のクッキーでは何が違うのか、まずひとつが栄養価です。オートミールクッキーにはたんぱく質や食物繊維が豊富で、通常のクッキーよりもそれらの栄養素を効果的に摂取することができます。

GI値が低い

GI値とは、食品を食べた際の血糖値の上昇スピードを数値化したものです。GI値が高いほど急激に、低いほど緩やかに血糖値は上昇します。オートミールをはじめ、玄米や全粒粉など精白されていない食品はGI値が低いとされているんですよ。 血糖値が緩やかに上昇することで、脂肪分解を抑制するインシュリンの分泌が抑えられ、ダイエット効果に繋がります。そのため、オートミールなどの低GI値食品はダイエット中におすすめなんですね。(※3)

ザクザク簡単!オートミールクッキーの基本レシピ

まずは、基本となるオートミールクッキーのレシピをご紹介します。通常のクッキーと作り方は変わらないので、ワンボウルで簡単に作れますよ。シナモンを効かせればコーヒーや紅茶にぴったりなひと品に。よく冷まして歯ごたえたっぷりに仕上げましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS