連載

味も見た目も本格派!紀文「はじめてのおせち お雑煮セット」が楽ウマで超便利♩

お正月に食べたいものといえばお雑煮ですね!比較的簡単な料理ですが、本格的に作ろうと思うとちょっと面倒……。そこで試してほしいのが、紀文「はじめてのおせち お雑煮セット」です。このセットの手引きどおりに作ったら、手軽においしくできました♩

紀文「はじめてのおせち お雑煮セット」登場

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、2016年12月25日(日)から全国で販売されている「紀文」の新商品「はじめてのおせち お雑煮セット」をご紹介します。
お雑煮、作ったことはありますか?むずかしい料理ではありませんが、出汁から本格的なお雑煮を作ったことがあるという人は意外に少ないのでは。このセットでは、ちょっと面倒と思われがちな出汁の取り方からチャレンジできるので、料理の基本を学びたい人にはうってつけです。

これが「はじめてのおせち お雑煮セット」

とりあえず、中身を出してテーブルに広げてみました。

左上から、手引き、パッケージ、なると巻、餅(白・紅)各2、昆布2枚、かつお削りぶしです。お椀はセットに含まれないのでご注意を。
手引きによると、これらに鶏肉、にんじん、三つ葉を加えるとおいしいお雑煮を作れるとのこと。シンプルなお雑煮で満足できるなら、セットの内容物だけで十分かもしれませんね。

一番出汁のレシピをご紹介

では、調理をはじめます!
水1Lを用意して、表面をきれいにふいた昆布を浸けて一晩放置。時間がないなら30分くらいでもOKです。
鍋を弱火にかけて、底に泡がたってきたら昆布を取り出します。まだ昆布出汁が出ていないと感じたら、火を止めて5分ほどそのままにしてください。
火を強火にし、沸騰したら火を止めます。少し差し水をしてかつおぶしを投入。そのまま2分ほど待ちましょう。
ざるにガーゼかキッチンペーパーを敷き、漉したら出汁の完成。手引きどおりに作業したら、ちゃんとおいしく取れました!

お雑煮の具材を用意します

手引きのとおりだと、鶏肉を食べやすい大きさに切り、にんじんはねじり梅の飾り切りに。その後、火にかけた出汁に入れます。ちょっと面倒ですね……。とはいえ、酉年に食べるお雑煮に鶏肉がないなんてありえません。
そこで、今回はちょっと簡単に、鶏肉はファミマのサラダチキンで代用、にんじんは省きました。これでも十分おいしくなります。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう