IHはやさしくお掃除♩ラップとアルミホイルで焦げ付きの撃退テク!

火事の心配も少なく、お掃除もしやすいので重宝されるIHですが、焦げ付きが多いこともしばしば。困った焦げ付きは、重曹やクレンザー、アルミホイルを使って一発キャッチ!これを読めば、IHのお掃除方法しっかりわかります!

IH掃除のコツを紹介します

近年、ガスコンロではなく、IH型のキッチンが増えてきています。ガスコンロのようにゴトクや焼き網など、掃除が大変なものがないため、ガスコンロよりもIHキッチンの方が好き!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
便利な一面、IHプレートの上に蓄積した頑固な焦げ付きに悩んだことがある人も少なくないはず。実はこの汚れ、普通の洗剤で掃除してもなかなか取れない頑固なものなのです……。
年末だし、この頑固な焦げ付き、きれいに取りたいですよね?今回はこの焦げ付きを一気にお掃除できる方法を教えちゃいます!

IHの焦げ付きや汚れの原因は?

では、そもそもIHの焦げ付きが起こってしまう原因は何なのでしょうか。基本的に、鍋底のみを温めるという仕組みのIHでは、次のような焦げ付きの原因があげられます。ひとつは、鍋底の汚れをそのまま過熱してしまい焦げ付きに繋がるケース。ふたつめは、鍋底がきれいであっても、ふきこぼれたものが鍋底とIHの間に入り込み、蒸発して頑固な焦げにつながるというケースです。
また、揚げ物をした際に油はねがあった場合、IHクッキングヒーターであっても、飛び散ったものをきれいに拭かずに放置してそのまま繰り返し調理してしまうことも、IHの焦げ付きの原因になってしまうのです。

気になる汚れはクレンザーや重曹スプレー

軽めの汚れであれば、身近にある道具できれいにできてしまいます!

ラップ+クレンザー

IHの汚れが気になる部分にクレンザーをまき、丸めたラップでこするだけ!クレンザーに含まれる研磨剤とラップの凹凸部分がうまい具合に力加減を発揮してくれ、IHを傷つけることなくきれいにすることができます!

重曹スプレー

重曹スプレーは、スプレーボトルと水、重曹があれば簡単にできますよ。水100mlに対して、重曹は小さじ1杯程度の量で作ります。スプレーボトルに重曹を入れておき、そこにぬるま湯を入れ、中の重曹が溶けるまでよくふって、しっかり溶けたら完成!とても簡単ですね。
IHを使ったあとに、このスプレーを吹きかけて拭くという作業を毎日継続しておこなうと、重度の焦げにならず、大掃除の時にがりがりごしごしやらなくて済む、というわけなのです。毎日の小さな努力が毎日を少しずつ幸せにしてくれます……。

焦げ付きがひどい時はアルミホイルの出番

ラップなんかじゃびくともしない!という強力な焦げ付きについてはアルミホイルで応戦!

アルミホイル+クレンザー

IHの特に頑固な汚れの部分にクレンザーをまき、アルミホイルをくしゃくしゃっと丸めたものをたわしのように使い、ごしごしとこすります。これだけである程度の頑固な汚れもみるみる浮き上がってくるので、効率的で負担も少ないお掃除です!ある程度ごしごししたら、水拭きをして汚れの程度をチェックします。まだ汚れている場合は、今度はアルミホイルをラップに変えて、残りの汚れを優しくこすって落としてあげましょう!
注意してほしいのは、金たわしなどの焦げおとし専用器具を使ってごしごししてしまうと、IHの表面にぎざぎざの傷がつく恐れがあります。IHの表面に傷がついてしまうと、調理の際に加熱が均一でなくなったりしてしまうので、こげ落とし専用機器は使わずに掃除するようにしましょう!

重曹ペースト

特集

SPECIAL CONTENTS