正しい配膳で品のある食事を

いかがでしたか?正しい配膳位置を覚えるのは少し面倒かもしれませんが、成り立ちや歴史を知ると覚えやすくなります。

レストランなどで洋食のマナーは学ぶ機会がありますが、毎日の食卓だと見落としがちな和食こそ、きちんとJapanese Table Mannerとして見直したいですよね。そして、自宅でごはんを食べるときには、ぜひ箸置きも使ってください。特に子どものいる家庭では、箸置きを日常的に使用する子どもは賢い傾向があるそうです。

正しい配膳を覚えたら、正しい箸の持ち方や正しい食べる順番なども見直してみてはいかがでしょうか。懐石料理では一番おいしく感じられる順番でお料理が運ばれてきたり、同じ皿に盛りつけてある刺身の中でも食べる順が決まっていたり、と奥が深い決まりが多くあります。

毎日の当たり前の生活で自然とマナーが身に付けば、勉強する必要がないだけでなくスマートな食生活が送れます。さまざまな和食のマナーがありますが、まずは毎日の配膳を気にかけてみてください。きっと品のある食事が楽しめるようになりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ