ささみ

ダイエットしている方から人気の部位ささみ。こちらは鶏の胸肉の一部をいいます。さっぱりとした味わいで、脂身が少ないのが特徴で、高タンパク質で低カロリーのため、スポーツ選手などにも好まれているお肉のひとつですね。塩とタレのみならず、わさびや明太マヨネーズなどお店によっては様々な食べ方ができるささみ串があります。

手羽

鶏の羽先の部位を表します。中のお肉は柔らかく外の皮はパリッと香ばしく、二つの食感が楽しめる部位です。塩とタレから選べますが、甘辛いタレで食べるのが人気のようですよ。

つくね

子どもから大人まで幅広い世代に愛されているつくね。首部分のひき肉を丸く成形して作っていきます。ねぎや大葉などを混ぜ合わせたお店も多く、そのお店独自のものを作り出しているところも近年ではよく見かけますよね。卵の黄身やタレにつけるとより一層おいしくいただけますよ。

ハラミ

鶏肉ではないけれど、焼き鳥屋さんでは出しているところも多いハラミ。牛の横隔膜の背中にあたる部位で、食感のやわらかさが特徴です。塩でもタレでも食べますが、お酒に合わせて、ワサビで食べる通な食べ方もおいしいようですよ。

せせり

鶏の首周りの部位のことをいいます。別名では、”ネック”や”そろばん”とも言われているよう。鶏がよく動く部分なので、身が引き締まっていて、歯ごたえがあり適度な脂身をもつようです。塩、タレから選べ、好みが分かれるところですが、塩派がやや優勢なようです。

ぼんじり

尾骨の周りのお肉のことをいい、脂肪の塊が周囲が覆っているのでこってりとした印象もあります。ほどよく弾力のある歯ごたえと、ジューシーな味わいで若い人からも人気。こちらは岩塩や黒コショウなどでいただくのもおすすめですよ。
Photos:1枚
食べたことのない焼き鳥をたのしむ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ