居酒屋のお通し代は払わなくてOK!? 会計時のガッカリを防ぐコツ

居酒屋のお通しの値段、知っていますか?全て食べ終わって、会計する際に知ることが多いですよね。「こんなに高くなるならお通しなんかなくてよかったのに……」と不満を募らせるあなたに、お通しをカットするコツをお教えします。

居酒屋のお通しをカットできる!?

居酒屋で飲んで、食べて「あぁ楽しかったね!」とお会計を済ませようとしたら、意外と高い!そんなに飲んだっけ?そんな経験、ありませんか?恥かしさをこらえて尋ねてみたら「お通し代です」。あの枝豆が500円だなんて。しかも3人分で1500円……!? 「きいてないよ!」と叫びたくなりますよね。
これまで泣く泣く支払っていたお通し代。実は、支払わなくていいケースもあるのです!今回は、お通し代の意味と、支払い問題についてお教えします。

そもそも「お通し」とは?

お通しとは、席に着いてから注文の品が提供されるまでのつなぎとして出される簡単な料理のことです。
・お客さんを席にお通ししたことを調理場に伝えました
・注文を確かに調理場へ通しました
などの意味から「お通し」と呼ばれるようになったようです。一般的に、関東では「お通し」、関西では「突き出し」と呼ぶことが多いようです。
注文の品がくるまでお客さんを待たせないためのおもてなしの心から生まれた文化です。揚げ物や焼き物は時間がかかるので、作り置きしてしっかり味がしみた煮物などを出してもらえるとうれしいですよね。「これがうちの味です!」と、お店からお客さんへ自己紹介する場でもあります。
明治時代以前の日本では、お客さんから「こんな料理が食べたい」と希望を伝え、お店の方がお客さんの身なりなどを見て品物を出す習慣があったのです。

「席代」の側面

もともとは「おもてなしの心」から生まれたお通しですが、現在では「席代」「チャージ料」として出されていることが多いです。料理のわりに値段が高くなりやすいのはこのため。一般的に、お会計額の1割程度になることが多いようです。
チェーン店の居酒屋をはしごする際、1軒目のお店でしっかり食べたり飲んだりしていると、2軒目のお店では料理もお酒もあまり頼まないことが多いですよね。長時間場所を取るのに注文が少ないお客さんも多いので、お通し代を取ることで売り上げのバランスを保っているのです。

お通しの相場は?

お通しの相場は300〜500円と言われています。会計額の1割程度と考えるとわかりやすいですね。まれに1000円を超えるお通しを出すお店もあるそうですが、何の説明も受けないまま出された料理に1000円以上支払うのはちょっと悔しいですよね。さらに高額なお通しを知らずに食べていたら……と考えると恐ろしくなります。

複雑な思いを抱える人も多い…。

格の高い割烹や、行きつけのお店では満足のいく料理やサービスを期待できることから、お通しを楽しみにしている人も多いようです。しかし、チェーンストアの居酒屋をはじめとした一部のお店では、お通しに対して複雑な思いを抱えている人も少なくないのです。
板前さんとカウンター越しにお話しできるお店では「食べられない食材はないですか?」と聞いてくれることが多いですよね。しかし、すべてのお客さんに同じようにお通しが提供されるお店では、苦手な食べ物の入った料理に遭遇することも多いのです。
さらに、お店によっては「席料」や「チャージ料」と一緒にお通し代まで二重に取っているところも。会計の際に、明細はよく確認したいですね。

外国人のお客さんもお通しにびっくり!

説明を受けないまま無料のサービスだと思ってお通しを食べてしまった外国人客とお店同士のトラブルも発生しています。日本では飲み水が無料で提供されたり、ポケットティッシュが路上で配られたりしているので、安心して食べてしまうようです。

特集

SPECIAL CONTENTS