ネパールの定食「ダルバート」って何? 都内で食べられるお店5選も

ネパールの代表的な家庭料理「ダルバート」をご存知ですか? 野菜が多くてスパイシー、何よりおいしいと評判で、女性の間で大きく注目されているんですよ。聞き馴染みがないという方は、ぜひこの記事で詳細をチェックしてみてください。

2019年3月29日 更新

サーグ

「サーグ」は、一般的な青菜の炒め物を指します。サッと火を通して青菜の色合いを残しながら、スパイスで味付けした料理です。青菜があるときに作られる、おかずのひとつと言えるでしょう。

アルツァール

ダルバートには、「アツァール」と呼ばれる辛口の漬物、薬味がつくのが一般的。大根やジャガイモを中心とした漬物で、乾燥させたグリーンピースやティンブール、焦がしたフェヌグリークなどの風味が混ざり合ったひと品です。

ダルバートの食べ方

ダルバートは、プレート上の各カレーや惣菜をお好みの量に分けてライスに盛って食べたり、初めからカレーすべてをライスにかけて食べるなど、さまざまな方法で食されています。日本のように箸やカトラリーがあるわけではなく、基本的には右手でいただきます。

一般的にレストランや食堂などでダルバートを食べる際には、料理がなくなるとおかわりが出てき出てくることが多いです。食事を終えるときには、「プギョ」と言うとダルバートは出てこなくなるので、覚えておくとよいでしょう。

東京都内でダルバートが食べられるお店5選

1. 渋谷「NEPALICO(ネパリコ)」

若者が集まる街渋谷。そんな渋谷でも大人たちがひっそりと通うのが、こちらの「ネパリコ」です。一本道に入ったところにお店があるため、若者よりもビジネスマンなどが来ることが多いようですね。

入り口にはネパールの旗が大きく印象的に置かれており、ひと目でお店を見つけることができるでしょう。一歩店に入ると、木造ベースの店内が広がっていて、少しシックな雰囲気を楽しむことができます。
3 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう